ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

マイクロソフトが思い切った!「被災3県への旅行に6万円補助します」 

2011年08月12日

マイクロソフトが思い切った!「被災3県への旅行に6万

被災地へ旅行すると6万円の補助が!
日本マイクロソフト株式会社(東京都港区 以下:同社)が社員向けに思い切った取り組みをはじめた。

この夏に東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県へ旅行に出かけると、最高で6万円を補助するというものだ。この制度が利用できるのは、電力使用制限令がかかる9月22日までで、平日を2泊以上含む旅行が対象になる。
福利厚生制度を「節電」と「復興支援」につなげる狙いが
7月に観光庁が、ピーク時の電力量を外出することで在宅時より約7割削減できるとして、積極的に旅行休暇をとるよう呼びかけたのが、今回導入のきっかけとなった。

同社では、福利厚生のひとつとして、社員1人あたり年間2万円までの旅行補助制度がある。今回の震災を受けて、被災3県への旅行は6万円、その他の地域への国内旅行では4万円にそれぞれ引き上げた。

「在宅勤務」の制度も全社員が積極的に活用
また、被災3県いずれかに滞在してインターネット経由で仕事をしても、今回の補助制度を使えば、6万円を支給するという。被災地の復興を支援するとともに、社員の家庭での節電につなげる狙いだ。

震災直後には9割以上の社員が、オフィス外でもインターネットを活用した在宅勤務を行ったが、全く業務に支障はなかったという。

このような実績を踏まえ、4年前の導入当初は育児や介護中・障がい者に限っていた在宅勤務の制度を、現在ではむしろ効率アップの為に多くの社員が利用しているという。

今後も企業として節電・復興再生支援に取り組む
国内ではすっかり節電意識は身近なものとなったが、会社が積極的に「節電」と「被災地支援」などの社会貢献に取り組み姿は、働く社員全体のモチベーションをアップさせることにつながっていくことだろう。


▼外部リンク

日本マイクロソフト│Microsoft Japan

日本マイクロソフト株式会社 新しいワーク&ライフスタイルを目指して -観光庁公式ウェブサイトより-

記事提供:障害者雇用インフォメーション

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.