ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

風評に負けるな!野菜ボックスネット販売で農家を支援~「農産物サポートプロジェクト」~

2011年04月25日

風評に負けるな!野菜ボックスネット販売で農家を支援

農業の危機回避のため緊急の取り組み
今回の東日本大震災の影響で深刻な風評被害に困っている農家へ何か支援ができないか・・・。先月29日、つくば市のNPO法人が農事組合法人の協力のもと、「農産物サポートプロジェクト」を立ち上げた。

各地に支援の輪が広がり、プロジェクト開始2週間で「サポーター」と呼ばれる購入希望者は約4,000名を超えている。

風評被害に負けない!福島&茨城の農業をサポート
このプロジェクトは、つくばアグリチャレンジ理事長でつくば市議でもある五十嵐立青さんや役員の久野康治さんなどによって立ち上げられた。

彼らは風評被害を受けている県の農家の廃業危機を懸念。これらの農家を支援をするためにインターネット上に支援ホームページを開設するに至った。
 
気になる「野菜ボックス」その中身と値段は・・・?
先行して3月29日から茨城県産の野菜が、4月15日からは福島県産の農産物も詰めた「野菜ボックス」は2,000円で販売。農家からは地震前の値段で買い入れているという。1ボックスにつき1,600円が農家の収入に、400円が運営経費となる。送料は購入者負担。

ボックスの中身は10品目前後。これらはすべて県の安全基準を満たした野菜が入っている。

申し込み者急増~毎日発送体制へ
発足当初は有志やボランティアなどが箱詰め・発送を担当していたが申し込みが急増、現在はつくばアグリチャレンジが運営する、障害者が働く農場「ごきげんファーム」で箱詰めを担当。以前は週2回だった発送手配も、ヤマト運輸の協力で毎日発送する態勢を整えている。

復興に大切なのは経済の活性化
ネット上では「風評被害が出ている茨城産や福島産の野菜を応援のために買いたい」「風評被害で売れなくなる野菜も農家も可哀想」「茨城県産食べます!買ってます!」などの書き込みも多い。

このような多くの声に応えて立ち上げたプロジェクト。
募金も復興には大切だが、このように経済を活性化させる呼びかけも重要なのではないだろうか。


▼外部リンク

茨城農産物サポートプロジェクト

運営主体:ごきげんファーム(NPO法人「つくばアグリチャレンジ」)

協力:農事組合法人つくばブルーベリーゆうファーム

記事提供:障害者雇用インフォメーション

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.