ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

コロナ禍でも9割がネット通販やネットスーパーよりリアル店舗を重視!

2020年09月19日

コロナ禍でも9割がネット通販やネットスーパーよりリ

コロナ禍における食品スーパーの利用株式会社成城石井は、コロナ禍における「食品スーパー利用に関する消費者意識調査」を9月17日に発表しています。約9割が「食品スーパー」を重視しているという結果が出ています。

▲[食品スーパー利用に関する消費者意識調査]:株式会社成城石井

1か月のうち食品スーパーの利用が89%同調査は2020年8月7日から17日、東京・神奈川・千葉・埼玉に住む20~50代の既婚女性を対象に行われ、500の回答を集計しています。

ネットショッピングの利用は、「月に1回以上」が全体の78%ですが、直近1か月間では、「食品スーパーのみ」「食品スーパーの比重が多いが併用している」を合わせると89%がリアル店舗を重視しています。

食品スーパーを選ぶ理由は、「生鮮食品は手に取ってみたい」が75.2%、「送料が高い」が33.6%、「食材の比較ができない」が31.6%、「目的以外の発見や新鮮な食品を楽しみたい」が23.4%です。

食品スーパーで購入するもの、期待すること購入する商品は「精肉」59.8%、「野菜・果物」57.0%、「鮮魚・干物」55.4%、「惣菜」41.8%などが多くあげられています。

選ぶのは「保存期間が長い食材」26.6%、「冷凍食品」24.8%、「大容量パックなど」24.4%です。

コロナ禍において食品スーパーに期待するものは「感染症対策」42%、「安さ」31.4%、「安心・安全」31.2%です。

また、別の食品スーパーを利用するようになった人が約3割で、理由は「混雑してない」39.5%、「品揃えが豊富」39%、「安心・安全の食品が揃う」27.9%となっています。


▼外部リンク

株式会社成城石井のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000027211.html

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.