ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

サダペイがアイデミアと提携し、パキスタンでのデジタル決済サービスの革新と拡大を目指す

2021年02月22日

パキスタン・カラチ

(ビジネスワイヤ) -- アイデミアのグローバル・フィンテック・アクセラレーター・カード・プログラムにより、パキスタンを本拠とするこのフィンテック企業は、効果的に事業を拡大し、最先端の技術を駆使した優れた決済体験を提供できるようになりました。世界がデジタル化する中、決済カードはほぼ間違いなく、銀行と顧客の間の最後の物理的接点となります。サダペイの金融サービス手法は、高コストの銀行の支店や行員を省略して、基本サービスを無料で提供することです。その代わりに、シームレスで快適なモバイルファーストの体験を通じて、パキスタンの金融サービス状況に深く根ざす問題の解決に傾注していきます。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210222005432/ja/

サダペイは、2020年末に試験運営の開始についてパキスタン国立銀行の承認を得ました。サダペイはこの試験運営段階で、ユーザーが同社のアプリによって同国内で送金や受け取りをしたり、マスターカードのデビットカードを顧客に発行したりするなど、デジタル決済サービスを提供していきます。その後、ユーザーからの意見を基に、より多くの機能と商品を追加する計画です。実のところ、サダペイの運営開始前の需要はあらゆる予想を上回っており、待機者はほぼ20万人に上ります。サダペイは、効果的に事業を拡大してこのような需要に応えるため、アイデミアのグローバル・フィンテック・アクセラレーター・カード・プログラムを採用しました。

サダペイの創設者で最高経営責任者(CEO)のブランドン・ティミンスキー氏は、次のように述べています。「私たちは、アイデミアと協力して当社の事業を開始し、最終的に規模を拡大できることをうれしく思っています。アイデミアの現地市場に関する知識と、当社のニーズに迅速に対応する同社の能力により、当社はより多くの人々にサダ(シンプル)で包摂的な金融サービスを提供するという当社の使命1に集中することができます。」

決済の世界的リーダー企業であるアイデミアは現在、世界の 1900社を超える金融機関と提携しています。グローバル・フィンテック・アクセラレーター・カード・プログラムは、サダペイなど新規の業界参入組が、他社の追随を許さないほどのアイデミアの個別化センターおよび金融サービスのネットワークを活用して、より多くの顧客にリーチできるよう設計したファストトラックプログラムです。カラチにフルサービスの最先端カード個別化センターを有するアイデミアは、10年以上にわたりパキスタンの金融機関に信頼されているパートナーです。

アイデミアの金融機関担当シニアバイスプレジデント(中東・アフリカ)のJulia Schoonenbergは、次のように述べています。「アイデミアは、パキスタンで強力なプレゼンスを有する決済業界の世界的な技術パートナーとして、デジタル決済サービスをより多くの人々が利用できるよう成長・拡大させるというサダペイの大望を支援できることをうれしく思っています。」

本プログラムの詳細情報については、https://www.idemia.com/fintech-accelerator-card-programをご覧ください。

-以上-

サダペイについて

サダペイはマスターカードと提携して、パキスタンに最新の金融サービスをもたらしています。当社は、従来の銀行の物理的なインフラを管理するための高いコストを運営手法から排除することで、その節約分をお客さまに渡し、無料の金融サービスを提供することができます。当社の使命は、銀行業務の複雑さを取り除き、他の方法では考えられないようなやり方でお金の流れをシンプルにすることです。サダペイは現在、業務運営可能であり、規制当局の監督下で試験運営段階にあります。試験運営が完了すれば、一般向けのサービスが開始されます。

アイデミアについて

拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、市民や消費者が日常の重要行為(支払い、つながり、旅行など)を物理的な世界でもデジタル空間でも行えるよう、信頼のおける環境を提供しています。

私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張された本人確認(個人情報保護と信頼を確保してセキュアで真性で検証可能なトランザクションを保証する本人確認)を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、セキュリティーが重要となる場合は時間と場所に関係なく、私たちの最大の資産の1つである本人確認情報を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は、金融、通信、本人確認、公共セキュリティー、IoT分野の国際的顧客に対して拡張本人確認を提供しています。世界で1万5000人近い従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IDEMIAGroupをフォローしてください。

--------------------------------------

1 https://sadapay.pk/starting-up-amidst-pandemic/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Press contact:
Palak Mehta
Havas PR
Palak.mehta@havasprme.com
+971502918191

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.