ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

コロナ禍による飲食店経営者の声、アンケート結果とは

2021年02月24日

コロナ禍による飲食店経営者の声、アンケート結果とは

コロナ禍による厳しい状況、飲食店経営者の生の声を聞く
将来的な不安、「売上げ回復策」がない
「シェアリングスペース」の認知度向上と支援が必要

アンケート把握、現状状況と今後の対策とは
2月5日、株式会社SoLaboは、中小企業や個人の経営する飲食店オーナー向けに「第2回経営状況アンケート調査」を実施したと発表した。

コロナウイルス感染による2度目の緊急事態宣言は、社会は混乱。そして2月には、一部地域を除き緊急事態宣言の期間延長が決まった。

アンケートは、厳しい社会経済状況のなか、必死になり経営を行う飲食店オーナーからありのままの声を聞き、直面する経営状況と今後の対策を把握するための調査である。

現場の不安が明らかに
アンケートの結果は、 各種あるコロナ対策の支援に対し「満足している」との回答は16.3%。飲食店事業者にとり、現状の対策が完璧ではないことが確認された。

今後の売上げを戻せるのかの将来的な不安や、売り上げや実態に即した公的な対策支援がないため、不平等があるとの現場の声があった。

また、業態変更の補助金の開始がアナウンスされているが、調査対象のどの店舗においても、業態変更が可能とは考えていないとの結果であった。

注目すべき新サービス
アンケートでは、「シェアリングスペース」の取り組みに、全体の約40%の飲食店オーナーが興味を持っていることが明らかになった。そして、既に検討していることがわかった。

しかし、取り組んでいる事業者は1件もなく、「まだ知らない」と回答した事業者が約25%以上。今後において、「シェアリングスペース」の認知度向上や市場の拡大が見込まれる。

そこで、SoLaboでは、企業存続を支援する融資支援のみならず、飲食店を利用する集客支援のサポートを開始し、本格的にローンチしたWEBマーケティング支援サービスの強化している。

そして、有効的に「シェアリング」の活用が可能な取り組みを推進していくとした。

コロナ禍で苦しむ飲食店業界において、新サービスの展開は将来的な展望になるのではないだろうか。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

PR TIMES
https://prtimes.jp/

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.