ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

フィーチャースペースが自動化深層挙動ネットワークを発足

2021年03月01日

企業金融犯罪防止の分野における世界的リーダー企業が、カード・決済向けにより深い層での防御技術を導入

ロンドン & アトランタ & シンガポール

(ビジネスワイヤ) -- フィーチャースペースは本日、カード・決済業界向けに自動化深層挙動ネットワークを発表します。これは、2020年に推定420億ドルの被害を出した詐欺、口座乗っ取り、カード・決済詐欺から消費者を守るためのより深い層での防御技術を提供するものです。

フィーチャースペースの創設者であるデーブ・エクセルは、次のように述べています。「この開発の意義は、企業金融犯罪への対処という範囲を超えるものです。これはまさに次世代の機械学習の成果です。」

発明

深層学習技術におけるブレークスルーである本発明には、機械学習プラットフォームのアーキテクチャーとエンジニアリングにまったく新しい方法が必要でした。自動化深層挙動ネットワークは、回帰型ニューラルネットワークを基盤にした新しいアーキテクチャーであり、最新バージョンの ARIC™リスク・ハブを通じてのみ利用可能です。

課題と発見

深層学習技術は、文中の次の語を予測するための自然言語処理など多様な応用例がありますが、カード・決済詐欺を検知して詐欺を防止するための利用は、企業や消費者をカード・決済詐欺から守るための最適化がなされていません。本発明により、この課題が解決されます。

トランザクションは断続的であるため、時間についての状況把握が行動の予測にとって極めて重要になります。従来、詐欺防止のための効果的な機械学習モデルを構築するには、データ科学者がこの分野についての深い専門知識を備えて、適切なデータ特性を見極めて選択する必要がありました。これは骨が折れますが、欠かせない要素です。

フィーチャースペース・リサーチは、特性の発見を自動化し、トランザクションフローにおける時間の重要性についてのネイティブ理解を備えたメモリーセルを導入するための自動化深層挙動ネットワークを開発することで、市場有数の当社の適応型挙動解析について、その性能を向上させました。被害者のお金がその口座を離れる前に詐欺を検知することは、詐欺、口座の乗っ取り、カード・決済詐欺の攻撃に対する最善の防御策です。下記のグループにとって、自動深層挙動ネットワークの利点は次の通りです。

消費者:

認証を低減して真正の取引を実現する 被害者のお金が口座を離れる前に、詐欺、口座の乗っ取り、カード・決済詐欺の攻撃を自動的に判別する

データ科学者:

トランザクションイベントの特性を自動的に発見する モデリングスタック全体を通じて機械学習ロジックを実行する 人間の行動の不規則性を利用して、異常な行動を判別する フィーチャースペースによる適応型挙動解析のすべての発見を保持する

カード・決済業界:

すべてのトランザクションにおけるリスクスコアの確実性の向上(トランザクション中の詐欺検知を増やし、真正な行動をより正確に判別することで、より多くのトランザクションの承諾が促進される) カードおよびACH/BACS、電信送金、P2P、高速決済など、すべての決済タイプでパフォーマンスを向上 高額・小規模の詐欺の検知を改善(低額・大規模の詐欺の検知も改善) ステップアップ認証を削減 説明可能なロジック、公正な意思決定、理由コードを伴う厳格なモデルガバナンス文書を提供 急増する状況下でも、ビジネスクリティカルな企業向けに、高いスループットと低遅延の応答時間で、リアルタイムのスコアリングを安定的に実現

エクセルは次のように続けています。「リアルタイムの決済、デジタル変革、消費者の需要が貨幣の瞬時の移動を必要とする中で、当社の役割は業界が各自の組織と消費者を金融犯罪から守るための最高のツールを確保できるようにすることです。私は、お客さまのために機械学習の革新に献身的に取り組んでいる当社の研究チームとその活動をとてつもなく誇りに思います。」

フィーチャースペースについて– www.featurespace.com

フィーチャースペースは、詐欺やマネーロンダリング対策のための企業金融犯罪防止の分野における世界的リーダー企業です。フィーチャースペースは適応型挙動解析と自動化深層挙動ネットワークを発明しました。これらはいずれも、180カ国以上におけるイベントのリスクをスコア化して詐欺や金融犯罪を防止するリアルタイム機械学習ソフトウエアであるARIC™プラットフォームを通じて利用できます。

ARIC™リスク・ハブは、説明可能な異常の高度な検知機能を使用して、金融機関が自動的にリスクを判別し、新たな詐欺攻撃をキャッチするとともに、不審な行動をリアルタイムで発見できるようにします。世界の大手金融機関30社以上が、その事業と顧客を守るためにARICを利用しています。公表した顧客には、HSBC、TSYS、ワールドペイ、ナットウエスト・グループ、Contis、ダンスケ銀行、クリアバンク、アクバンク、パーマネントTSBが含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Michael Touchton, Featurespace
PR and Communications Manager
Michael.touchton@featurespace.com
+1 (423) 364-5491

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.