ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

カーディアック・インサイトがドリームテックのi.SigNalと提携してアジア太平洋地域20カ国以上の市場への拡大を発表

2021年06月09日

ドリームテックが新たなヘルスケア部門のi.SigNalを通じてCardea SOLO™ ECGシステムを韓国で販売し、他のアジア太平洋地域20カ国以上で商業的拡大をリード

米ワシントン州ベルビュー & 韓国・城南 --

(ビジネスワイヤ) -- ウエアラブル心臓センサーと自動心電図(ECG)解析ソフトウエアを専門とするデジタルヘルスの革新企業であるカーディアック・インサイトは本日、ドリームテックのデジタルヘルスケアの専門ブランド・組織であるi.SigNalと販売契約を締結したと発表しました。i.SigNalは本契約により、カーディアック・インサイトの単回使用のウエアラブルECGパッチおよび専有的な解析ソフトウエアシステムであるCardea SOLO™について、韓国、シンガポール、インド、日本、オーストラリアを含むアジア太平洋地域の23カ国でマスター販売権を獲得します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210609005440/ja/

ワイヤフリーECG記録パッチおよびソフトウエア解析システムであるCardea SOLO™は、世界で唯一の包括的な7日間外来ECGシステムの不可欠な部分であり、クリニック内で迅速な自動心臓解析と報告を実現します。Cardea SOLO™は、高解像度で医療グレードのデザインと、従来の1日ないし2日間のホルターECGモニターと比較して長い患者装着時間により、医師が心不整脈の検出と診断率を大幅に向上させる上で役立ちます。また、ECG検査1回あたりの病院・診療所スタッフの生産性を最大化しながら、貴重な患者データを医療機関内に保持することで、データのプライバシー、セキュリティー、コスト効果を高めることができます。Cardea SOLO™システムはスタンドアロン型のソリューションであり、インターネットアクセス、クラウドコンピューティングソリューション、第三者への外部委託を必要としません。

カーディアック・インサイトのブラッド・ハーロー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「目立たず単回使用のCardea SOLOウエアラブルセンサーと、臨床医がポイントオブケアでタイムリーに評価できる結果は、患者や医師にとって重要な利点であり、これによりカーディアック・インサイトの技術の世界的な普及が促されています。ドリームテックのi.SigNalとの国際的な販売提携は、カーディアック・インサイトにとって重要な協業であり、当社のファーストインクラスのECG技術とi.SigNalのヘルスケア市場への戦略的な傾注ぶりが相まって、Cardea SOLO™システムの世界規模での採用が加速されていきます。」

i.SigNalとの契約は、米国で一貫して前年比の売上高が成長していることで示されるように、Cardea SOLO™システムに対する需要の大きな高まりを受けたものです。一層多くの医師や医療機関が、心不整脈の診断プロセスを簡素化・迅速化するために、患者コンプライアンスや遠隔医療に対応したフォームファクターとECG報告の迅速化を評価して、Cardea SOLOを選択しています。

ドリームテックのミン・キム最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「市場を根底から覆すカーディアック・インサイトのECGパッチ技術は、医療システムに生産性の向上をもたらすことで、韓国を含むアジア太平洋市場に魅力的な価値を提供しています。この技術は、心房細動など、放置すると障害をもたらす脳卒中や心不全、死をもたらす可能性がある重篤な心不整脈を医師が検出・診断し、それを治療する方法の向上に役立ちます。本提携は、私たちのリソースと、市場の革新、開発、卓越したブランディングの豊かな歴史により、世界で最もエキサイティングでインパクトがある中に数えられるヘルスケアソリューションをアジア太平洋地域の医師とその患者さんに提供するためのものであり、私たちは誇りに思います。」

ドリームテックのi.SigNalは、2020年末に韓国食品医薬品安全処からCardea SOLOの医療機器ライセンスを取得しており、他のアジア太平洋市場での承認取得・販売活動を進めています。

最新情報についてはリンクトインツイッターでカーディアック・インサイトをフォローしてください。

ドリームテックのi.SigNalをリンクトインフェイスブックでフォローしてください。

カーディアック・インサイトについて: カーディアック・インサイト (www.cardiacinsightinc.com)はデジタルヘルスケアの革新に取り組む有力な米国企業であり、専有的なアルゴリズムとソフトウエアプラットフォームを通じて、医療グレードの身体装着型ECGセンサー技術と自動心臓解析ソリューションの開発を専門としています。当社の製品には、Cardea SOLO™のウエアラブルECGセンサーとソフトウエア解析システム、あらゆる競技レベルの若いアスリートの心臓リスクスクリーニング用に設計された唯一の安静時ECGシステムのCardea 20/20 ECG™があります。最新のニュースと情報については、カーディアック・インサイトをツイッターリンクトインでフォローしてください。

i.SigNalについて:i.SigNal(http://www.isignal.co.kr/index.html)は、ドリームテックがデジタルヘルスケア事業の新たな専門ブランド・組織として2019年に設立したもので、研究開発や製品開発から世界規模の商業化や流通までのバリューチェーン全体を通じて、革新と高品質の両方を実現しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Eric Schudiske (eric@s2spr.com)

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.