ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

インターネットの脳への影響

2010年06月08日

インターネットの脳への影響

思考回路が停止する
コンピュータおよびインターネットの普及によって、障害者の社会参加がはるかに容易になっている。だが、そのインターネットによって脳や精神に影響が出る可能性があるともいわれているようだ。

作家ニコラス・カー氏は新作「The Shallows~インターネットは脳にどんな影響を与えるのか~」の中でテクノロジーの普及が、われわれの脳の思考回路を止め、深く考えることを不可能にしているとの見解を示している。

カー氏は実際に自身を実験台とし、常に「オンライン」状態におくことで、集中力がなくなり、仕事が手につかなくなることを発見したという。そして、これは大きな障害だと述べている。

また、カー氏によるとインターネットの文面を読むのと、印刷された書物を読むのとでは使う脳が違うという。インターネットでは文字以外に映像、動画、リンクなど次々と情報が得られることになる。また、途中でメッセージが入るなどの邪魔も多い。さらに、読むといっても、短い文章しかないことが多くなるという。

それに対し、書物の場合は長い文章を余計なことを気にせずに読むために、集中力を養えることになるという。ただ、インターネットでは瞬発力や即断力は鍛えられると述べている。

時にはオフラインにすることも大切
なお、ツィッターやフェイスブックのアカウントがあると、約45秒おきにチェックせずにはいられないが、従来のeメールだけであれば日に2~3度のチェックで収まったという。また、常時オンライン状態を停止した2ヶ月後には、集中力や思考回路が正常に戻ったといい、脳の働きに不安を感じる場合は、まずは「オフライン」状態にすることを勧めると語ってる。

編集部 青空ひなた


▼外部リンク

Book asks: Is Internet ruining our minds?
http://nz.news.yahoo.com/a/-/technology/7342552/book-asks-is-internet-ruining-our-minds/

記事提供:障害者雇用インフォメーション

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.