ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

MFAが企業独自のプライベートネットワーク導入のためのネットワーク識別子プログラムを発足

2021年11月19日

ニュースハイライト: MFAは企業が独自の5Gプライベートネットワークを導入するための一意の国際的PLMN IDを提供 MFAは企業がネットワークを迅速導入するための新しいプライベートネットワークサブスクライバーのカテゴリーを発表

米カリフォルニア州フリーモント

(ビジネスワイヤ) -- 3GPP技術に基づくプライベートネットワークを世界の産業界が採用するための支援に取り組む国際組織のMFAは本日、企業向けのネットワーク識別子プログラムを発表しました。これにより、企業は独自のプライベートネットワークを導入する際にMFAによる一意の国際的PLMN IDを利用でき、承認済みデバイスのみが自社ネットワークに接続できるよう保証できます。このプログラムは企業によるネットワーク開発プロセスの複雑さを低減・簡素化するもので、企業は自社独自のPLMN IDを別途申請する必要がなくなります。

MFAのMazen Chmaytelli会長は、次のように語っています。「MFAの使命は、企業が自社独自のプライベートネットワークを迅速に導入して、自社のネットワーク管理の向上、オンプレミスデータのセキュリティー強化、予測可能な性能という利点を実現する取り組みを可能な限り容易にすることです。MFAは一意の国際的PLMN IDをITUから割り当てられており、この新しいプログラムを発足させることで、MFAはデジタル化の長期的な活動を支えることになるPLMN IDをすべての産業分野が今すぐ利用できるよう保証します。」

海洋、製造、倉庫、電力などの公益事業、会場・施設などの分野における企業は、プライベートネットワークIDパッケージないしニュートラルホストネットワーク(NHN)IDパッケージを選択でき、そのパッケージでニュートラルホストやプライベートネットワークの導入に必要なすべてのアイテムを入手できます。大規模導入の場合、企業は自社の通信エリアや通信容量の要件に応じてIDを追加することができます。

MFAの技術仕様グループ議長とノキア・エンタープライズ・ソリューションズの技術エコシステム担当ヘッドを務めるAsimakis Kokkosは、次のように語っています。「MFAから提供される国際的PLMN IDを利用することで、ネットワークサプライヤーやネットワーク事業者は独自の識別可能なプライベートネットワークを創設するために必要な識別子を入手でき、各社の企業顧客が世界のどこに所在していても、企業顧客による導入プロセスを簡素化することができます。」

新しいプライベートネットワークサブスクライバーのカテゴリーを創設して導入を迅速化 またMFAは、新しいプライベートネットワークサブスクライバーのカテゴリーを作りました。このカテゴリーにより、企業は1つの優待プライベートネットワークIDパッケージを与えられ、それを直ちに利用して各国の要免許周波数帯で独自の5Gプライベートネットワークを導入したり、免許不要周波数帯でMulteFire®/4Gプライベートネットワークを導入したりできるようになります。

Chmaytelliは、次のように付け加えています。「一度料金を払うだけで、プライベートネットワークサブスクライバーは永続的に有効で更新不要のプライベートネットワークIDパッケージを利用できます。MFAの会員も、各組織の導入要件を満たす優待パッケージを受け取ることになります。MFAは可能な限り多くのプライベートネットワークの創設を初期段階で支援したいと思っており、この重要なプログラムを業界全体に提供できることに感激しています。」

プライベートネットワークの導入をさらに促進するために、3GPP市場代表パートナー(MRP)のMFAは先ごろ、MFAがUni5G™技術青写真を策定していることも発表しました。これらの青写真は各社個別の導入事例に関連する3GPP 5G規格の重要機能を導入するに当たり、実用的な指針を提供するものです。最初の青写真は2021年12月に完成する見込みです。

このネットワーク識別子プログラムはMFA認証局により管理され、MFAの会員と非会員が今すぐ利用できます。このプログラムへの参加に関心のある企業は、www.mfa-tech.orgをご覧ください。

資料:

ホワイトペーパー:「海運の使用例における5Gプライベートネットワーク:デジタルポートオートメーションの機会(5G Private Networks for Maritime Use: Opportunities for Digital Port Automation)」、 ビーチャム・リサーチ ホワイトペーパー:「プライベート5Gネットワークにおける周波数帯自由化の重要性(The Importance of Spectrum Liberalization for Private 5G Networks)」、ABIリサーチ ビデオ:製造のためのUni5G/MulteFireプライベートネットワーク(Uni5G and MulteFire Private Networks for Manufacturing)

MFA について

MFAは、MFAが策定したLTE向けMulteFire仕様と5G向けUni5G技術青写真を用いて、世界の業界におけるプライベートネットワークの導入を推進している国際組織です。Uni5GとMulteFireにより、企業は信頼性とセキュリティーを備え、最適化された独自のプライベートネットワークを、免許不要周波数帯や共有周波数帯、各国の要免許周波数帯に効率的に導入できます。詳しい情報については、www.mfa-tech.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

MFA
Lori Mesecke, +1-503-459-9150
press@mfa-tech.org

 

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.