ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

パラオ共和国がリップルと提携し、デジタル通貨戦略を開発へ

2021年11月25日

パラオは世界初の政府発行国家ステーブルコインの作成でXRP台帳の使用を模索

サンフランシスコ & パラオ・ンゲルルムッド

(ビジネスワイヤ) -- クロスボーダー支払のためのエンタープライズ・ブロックチェーンおよび暗号ソリューションの主要プロバイダーのリップルは、パラオ共和国と提携し、XRP台帳(XRPL)での同国初の国家デジタル通貨とそのユースケースについて模索します。

当初は、このパートナーシップは、クロスボーダー支払と米ドルに裏付けられたパラオのデジタル通貨のための戦略策定に注力していきます。これにより、世界初の政府をバックにした国家ステーブルコインが2022年上半期に実装される可能性があり、これに対してリップルはパラオに技術面、ビジネス面、設計面、政策面のサポートを提供します。一方、XRP台帳上での米ドルを裏付けとするステーブルコインと関連するユースケース(例えば、企業登記簿)の模索により、パラオのような国で中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の実際的な代わりとなるものが提供される可能性があります。

スランゲル・S・ウィップス・Jr.大統領は、「金融イノベーションとテクノロジーでリードするという私たちの取り組みの一部として、リップルと提携することを喜ばしく思います。パートナーシップの最初のフェーズは、クロスボーダー支払戦略と国家デジタル通貨の作成方法の模索が中心になり、パラオ国民の金融アクセスを拡大していきます」と述べました。

パラオは、ブロックチェーンを含む金融テクノロジーの潜在力を理解しています。金融テクノロジーは、経済を変革し、ビジネス相手として非常に好ましい国としてパラオを位置づけることができます。この同じ技術は、市民の金融サービスの利用方法も変革し、効率の高い国際送金も実現します。

世界的な気候論議の確固たるリーダーとして、パラオはリップルを選択しました。これは、ブロックチェーンと世界的な支払システムの構築に関するリップルの幅広い経験が理由であり、また、XRP台帳がカーボン・ニュートラルであり、プルーフ・オブ・ワーク方式のブロックチェーンと比べてエネルギー効率が12万倍高いことも理由になっています。さらに、XRPLは、拡張性、スピード、低コストといった大きなメリットももたらします。

リップルの中央銀行エンゲージメント担当VPのJames Wallisは、「私たちは、パラオの金融面と気候関連の目標の達成に協力していくことを、うれしく思います。私たちは、私たちの技術と経験にパラオの独自の特性を組み合わせてパラオのために本当の経済的・社会的影響を起こす素晴らしい機会を持っています」と語りました。

XRP台帳は、金融機関とパラオのような政府の機関に、数分の1ペニーでわずか3~5秒で取引を完全に決済する能力を与えます。これまでに、XRP台帳上で5400種類を超える通貨が発行され、統合された分散型取引所(DEX)を通じて取引されています。カスタム・トークン機能により、ステーブルコインを含むあらゆる資産の作成、発行、管理が容易になっています。

XRP台帳上でのステーブルコインの発行方法の詳細については、Ripple Insightsをご覧ください。

パラオ財務省

パラオ共和国財務省のビジョンは、説明責任、政府サービスの継続的生産性、経済成長を促す健全な財務管理サービスで広く認められることです。財務省の使命は、歳出、歳入、資金調達、人材の政策促進と健全な管理によって説明責任、政府サービスの継続的生産性、経済成長を確保することです。究極的には、財務省は、健全性と品位をもってパラオ共和国に貢献することを目指しており、詐欺や汚職は一切許容しません。

リップル

インターネットは情報を世界中で瞬時にシームレスな形で交換できるようにしましたが、リップルは価値に関して同じことを行っています。リップルは、これを「価値のインターネット(IoV)」と呼んでいます。リップルは、ブロックチェーンと暗号通貨の技術を活用して、金融の効率性、平等、包摂の力強い発展を実現することに注力しています。また、政府、企業、消費者のための新たなデジタル経済を促進する将来的なユースケースの開発と実現を進めています。

リップルは、サンフランシスコ(本社)、ニューヨーク、ロンドン、ムンバイ、シンガポール、サンパウロ、レイキャビク、ワシントンDC、ドバイにオフィスを置いています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Media Contact
Haley Rodriguez
press@ripple.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.