ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

エフィニックスが Titanium Ti180 FPGAの発売し、画期的な Titanium 製品ファミリを拡充

2022年08月03日

Ti180 は、18 万ロジック・エレメントを搭載する FPGA で業界をリードする消費電力とパフォーマンスを提供します

米カリフォルニア州サンタクララ

(ビジネスワイヤ) -- 革新的なプログラマブル製品プラットフォームと技術を手掛けるエフィニックス (Efinix®) は本日、Titanium Ti180 FPGA の発売を発表しました。この 18 万ロジック・エレメントを持つデバイスは、コスト効率と低消費電力に優れたフットプリントで、前例のない性能を実現します。2.5G MIPI インターフェイスを内蔵した Ti180 は、AI や ML アプリケーションにおける精度を最大限に高めることができるよう、高解像度と高ビット深度のセンサー要件に対応するよう設計されています。より高速なMIPIデータレートにより、センサーの集約が可能になり、車載機器や VR (バーチャルリアリティ) などの市場向けに、コスト効率と柔軟性に優れたソリューションをもたらします。

エフィニックスの共同創設者で最高経営責任者 (CEO) 兼 社長のサミー・チャンは、次のように述べています「Ti180 は、10mm × 10mm の極小フットプリントを維持しながら、Titanium ファミリの従来構成品と比べ、3 倍のロジック集積度を実現します。当社の先進的な Quantum コンピューティング・ファブリックを活用することで、Ti180 は前世代のエフィニックス製 FPGA の 15 倍のエネルギー効率を実現し、スペースとエネルギーに制約のある組み込みコンピューティング・アプリケーションで前例のない性能を発揮します。」

Ti180 は、LPDDR4 インターフェイスをハードブロックとして備えることで、外部メモリに究極の帯域幅を提供します。Linux 対応のクアッドコア RISC-V プロセッサを搭載した Ti180 は、大容量のローカルストレージへの高速アクセスが最重要の高性能組み込みコンピューティング・アプリケーションに最適なプラットフォームとなります。また、消費電力が主な制約となるアプリケーション向けに、LPDDR4 インターフェイス非搭載の低消費電力バージョンの Ti180 も用意されています。Ti180 は、AI や ML アプリケーションを高度なハードウエア・アクセラレーションで高速化し、変動が激しく進化する AI 市場において、NRE ゼロで成功までの時間を短縮することができます。

エフィニックスのマーケティング担当バイスプレジデントのマーク・オリバーは、次のように述べています。「当社は Quantum アクセラレーションの戦略で非常に大きな採用実績がありますが、この戦略では Sapphire RISC-V エンジンで実行されるアルゴリズムを大幅に高速化するために、ハードウエア FPGA ファブリックを使用します。Ti180 は、この設計手法をさらに進化させ、Linux 対応のクアッドコア性能を実現するとともに、ダイナミックで高度に設定が可能なハードウエア・アクセラレータやカスタム命令のための十分なスペースを確保しています。」

Ti180 は、TSMC 16nm プロセスで製造され、同プロセスのコスト効率の高いエネルギー効率を活用して、Titanium シリーズにこの画期的な拡張機能を提供します。

TSMC North America の市場開発・新興事業管理担当ディレクターのルーカス・ツァイ氏は、次のように述べています。「私たちは、エフィニックスと連携して、当社の業界有数の 16nm プロセスの優れた性能と消費電力の利点を生かした Ti180 を実現できることを大変うれしく思います。エフィニックスとの継続的な提携により、特に AI や ML アプリケーションにおいて、次世代 FPGA 技術のためのシリコン・イノベーションをさらに引き出せるものと期待しています。」

エフィニックスについて

革新的なプログラマブル製品を持つエフィニックス (Efinix®) は、高性能 Titanium FPGA シリコンプラットフォームの低消費電力性と再プログラム可能な柔軟性を、メインストリーム市場のアプリケーションに提供することを約束します。エフィニックスの FPGA は、従来の FPGA 技術と比較して、パワー、パフォーマンス、エリアの面で優れており、新しいアプリケーションを開拓し、市場投入までの時間を短縮します。Titanium デバイスは、35,000 ~ 1,000,000 ロジック・エレメントを搭載し、小型で低消費電力、大量生産に適した価格設定となっています。エフィニティ (Efinity®) 統合開発環境は、RTL からビットストリームまでの完全な FPGA 設計スイートを提供します。

詳細情報については、https://www.efinixinc.com/jp/ をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Mark Oliver
VP of Marketing at Efinix
marko@efinixinc.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.