行政ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 行政ニュース

関西学院大学 災害支援フォーラム「継続的な活動が生み出した学生と被災者の新たな支援の形」~『熊本地震現地ボランティア』4年間の活動を振り返って~

関西学院大学



関西学院大学は2016~2019年度の4年間、熊本地震の被災地で現地ボランティア活動に取り組んできました。計15回の活動に参加した学生は延べ302名。その一連の活動を振り返りながら、これからの災害支援について考える災害支援フォーラムを10月9日(土)、オンラインで開催いたします。本学の学生・卒業生・教職員だけでなく、災害支援やボランティアに関心がある方ならご参加いただけます。




【災害支援フォーラム「継続的な活動が生み出した学生と被災者の新たな支援の形」】
○日 時:10月9日(土)13:30~16:15
○場 所:オンライン(Zoom)開催
◆第1部
 現地ボランティア活動参加学生による活動報告「私たちと益城町の4年間」
◆第2部
 パネルディスカッション「継続的な活動が生み出した学生と被災者の新たな支援の形」
 モデレーター 室崎益輝・兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長(教授)
 パネリスト  佐藤 忍・熊本YMCA(元木山地域支えあいセンター、現益城町総合体育館担当)職員
        宮崎律子・元馬水東道仮設住宅住民・元集会所館長
        関 嘉寛・関西学院大学ヒューマン・サービス支援室長(社会学部教授)
        堀之内有希・前ヒューマン・サービス支援室ボランティアコーディネーター
◆第3部
 参加者同士の意見交換会「私たちが紡ぐ未来~学生ボランティアができること~」
◆第4部
 室崎益輝氏による今後の展望・まとめ「学生ボランティアが被災地に関わる意味」
◇オプション企画「現地ボランティア参加者 大交流会」(16:30~17:00)



○参加費:無料 <定員 300名>
 10月6日までに、下記のフォームよりお申し込みください。
 https://forms.gle/7GNfKqxDEtoMbrjR7
 
◎問い合わせ先
 関西学院大学ボランティア活動支援センター ヒューマン・サービス支援室
 TEL:0798-54-6061
 Mail:kg.hsso.info@kwansei.ac.jp 
 ※詳しい内容は、下記をご参照ください。
 https://www.kwansei.ac.jp/c_volunteer/news/detail/149


▼本件に関する問い合わせ先
関西学院広報室
住所:兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155
TEL:0798-54-6017
FAX:0798-54-0912


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.