国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

参院6増の党利党略・自民案、参院可決、衆院へ

2018年07月12日

 野党の質疑時間わずか「各党45分」という中、民主主義の根本ともいえる参議院の選挙制度にかかわる公職選挙法改正案(定数を6増する自民案)が11日、参院本会議で自民、公明の数の力により賛成多数で可決、今国会成立を狙い衆院へ送付された。立憲民主党は採決に値しないと抗議のため本会議での採決時に退席した。

 自民案は参院埼玉選挙区定数を『2増』するほか、比例代表では『4増』する。加えて比例の一部に「拘束名簿」を導入する。狙いは鳥取・島根と徳島・高知が合区になったことから、合区であぶれた党の候補者を拘束名簿に入れ救済すること。野党からも、国民からも「党利党略」「この時世に定数を増やしてどうする」など批判の声があがっている。

 それでも自民、公明は今国会に成立させ、来年夏の選挙に間に合わせる考えで、国民無視のご都合主義を決め込む姿勢だ。参院特別委員会での野党の質疑時間はなんと45分。小西洋之参院議員が指摘した。また本会議前の特別委員会での採決では自民党議員から「質疑終局・討論省略・自民党案の採決」を求める動議が提出され、討論が省略された。国民民主党の舟山康江参院国対委員長は記者会見で「討論省略は言論封殺だ」と強く非難した。

 小西議員は本会議反対討論で「選挙制度は民主主義の根幹。議長を輩出した第一会派が、党利党略の選挙制度を数の力で強行し、議長がそれを追認するのであれば、それは、我が国の民主主義そのものを否定する暴挙と言わざるを得えない。また選挙制度は国民のためのものであり、自民党のものではない。党利党略による選挙制度の私物化は民主主義の否定であり、断じて許されようがない」と厳しく非難した。

いずれにしても審議は衆議院に移された。「なんでも数の力で好きなようにできるなら民主主義は終わる」(立憲民主党・福山哲郎幹事長)。JNNの世論調査でも69%自民党案に反対しているなか、自公には謙虚さが強く求められる。(編集担当:森高龍二)

自民案は不公正な制度と希望の松沢議員

党利党略「6増案」自民11日にも採決強行か

参院定数6増の自民案、世論は反対 野党が対案

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • リスクモンスターは、インターネットを利用し全国...
  • 7月12日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案...
  • 働き方改革については、すでに自社内で独自の取り...
  • 電気自動車のF1といわれるフォーミュラE第4シーズ...
  • アキュラホームが主宰する日本最大級の工務店ネッ...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.