国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

ギャンブル依存防止入場規制は明確なザル規制

2018年07月14日

 カジノの含む複合観光施設整備法案の審議をしている参院内閣委員会の12日の審議で、ギャンブル依存症防止策のいい加減さが浮き彫りになった。

 政府規制では事実上28日の間に20日、7日のうち6日の入場が可能になり、年間通して、休日の度にカジノに行ける欠陥規制のうえ、規制根拠に医学的裏付けがないこともわかった。

 国民民主党の磯崎哲史議員が施設への入場が「連続する7日間で3回」、「連続する28日間で10回」の入場回数制限の根拠を質した。

 政府は日本人を対象とした入場規制は「依存症防止目的」で「有効な措置」と述べた。しかし、連続する7日間で3回の根拠は「国内宿泊旅行の平均日数が2泊3日程度であること」。連続28日間で10回の入場規制は「完全週休2日制を前提に、年間の祝日日数(16日)や日本人の平均の年次有給休暇取得日数をふまえると平均的休日日数が28日間で10日程度になっていること」と答え、一般的な休日、祝日、有給取得日数などを足して算出した単純なもので、医学的根拠、科学的根拠がなく、休日すべてをカジノに費やすことができる『ザル規制』になっていることが浮き彫りになった。

 立憲民主党の小川敏夫議員は「7日のうち(施設入場は)3回としているが、1回というのは延べ24時間で1回とカウントする。月曜夕方6時に施設に入り、夜帰宅して、火曜朝に入り、午後6時までに施設を出れば1回としかカウントされない」と指摘。

 石井啓一国土交通大臣も「延べ24時間で1回とカウントすると承知している」と答弁し、小川議員の指摘を認めた。

 石井大臣は「本人や家族の申し出で入場制限をかけることを事業者に義務付けている」と欠陥のザル規制も『家族の申し出で入場制限を事業者に義務付ける』ことで回避できるかのような答弁を行った。申し出がない限り入場できる。規制がないのも同様の規制だ。(編集担当:森高龍二)

IRは地元商店と競合しない 石井国交大臣

規制も週3回行けばすでにギャンブル依存症だ

メリットはあるか 18歳成人法案が参院で可決

野党の法案に政府与党も対案出し審議を 枝野氏

ギャンブル依存症は320万人 厚労省調査で明らかに

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • リスクモンスターは、インターネットを利用し全国...
  • 7月12日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案...
  • 働き方改革については、すでに自社内で独自の取り...
  • 電気自動車のF1といわれるフォーミュラE第4シーズ...
  • アキュラホームが主宰する日本最大級の工務店ネッ...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.