国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

米の核実験には寛容姿勢?核爆発伴わないと理解

2018年10月12日

 米国の核の傘の下で核抑止力を維持するためか、日本は米国の核実験には寛容姿勢がにじみ出てくる。

 大菅岳史外務報道官は10日夕の記者会見で、記者団から「アメリカが去年12月にプルトニウムを用い、核爆発を伴わない『臨界前核実験』をネバダで実施していたことが分かったとの報道があるが、受け止めを」と質され「未臨界実験等核爆発を伴わない核実験の扱いについては核兵器のない世界を目指すとの立場から核軍縮に取り組んでいく中で検討すべきであると考えています」と抗議姿勢どころか、理解を示した。

 大菅報道官は「米国の国家核安全保障局が本年3月に発表した報告書で、米国がネバダ州の施設で去年12月13日に未臨界実験を実施したと言及されていると承知している。米国は核爆発実験を行うことなく、貯蔵している核兵器の安全性、有効性を確保するために未臨界実験を行なっている」とした。

 そのうえで「未臨界実験はCTBT(包括的核実験禁止条約)において禁止される核爆発は伴わないものと理解している。我が国はCTBTの早期発効を具体的な核軍縮措置として重視しており、まずはCTBTの早期発効を目指すべきで、未臨界実験等核爆発を伴わない核実験の扱いについては核軍縮に取り組んでいく中で検討すべきと考えている」と弱腰なものになった。(編集担当:森高龍二)

拉致で金員長反応は「特に申し上げない」外相

18日~20日の日程で南北首脳会談開催に合意

米朝首脳会談評価も北の脅威に変化ない 防衛相

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • メルセデス・ベンツ新型Aクラスの登場を記念した特...
  • 企業が談合やカルテルなどの疑いで調査を受けた場...
  • 大企業に勤務するビジネスパーソンでも副業を始め...
  • 厚労省が「医薬品販売制度実態把握調査」の結果を...
  • 厚生労働省は複数の病院の医療を遠隔で援する仕組...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.