国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

水道法改正案 参院通過 水が利潤追求の対象に

2018年12月06日

 水道施設を自治体が所有したまま、水道事業の運営権を民間企業に売却する『コンセッション方式』を入れる水道法改正案が5日、参院本会議で自民、公明、維新の会などの賛成多数で可決。衆院に送られた。今国会で法案は成立の見込みだが、日常の「生活水」が利潤追求の対象にさらされることになる。

 社会民主党の吉川はじめ幹事長は「水の運営権を、外資を含む企業に売り渡すこの案は公共の福祉を脅かす事態となりかねない」と指摘。「十分な審議もないまま、今国会で押し通そうとする政府・与党に抗議する」との談話を発表した。

 この中で、吉川幹事長は「コンセッション方式」導入の問題について(1)経営方針や予算立案、執行、人事、メンテナンスの規模等運営に関わるすべての権限を民間事業者が持つことになる(2)民間企業の本質は利潤追求であり、料金の値上げや現場労働者の人件費カット、メンテナンス投資の抑制につながることが懸念される(3)株主への配当や役員報酬、法人税なども料金に含まれ、水道事業への十分な投資が行われない可能性がある、などを挙げた。

また「利潤が出なければ撤退をするリスク、倒産のリスクもある。必要な情報が『企業秘密』として開示されなくなることも危惧される。事業運営をモニタリングする人材や技術力の確保も心配だ。さらに運営権は投資の対象となり、抵当権も設定することができるが、金融機関や投資ファンドが抵当権を行使した場合、混乱に陥ることも危惧される」と指摘する。

また、民営化による水道料金の値上げ事例では、吉川幹事長によると「フィリピン・マニラ市は水道料金が4~5倍に跳ね上がり、ボリビア・コチャバンバ市では雨水まで有料化され暴動が起き、フランス・パリ市では料金高騰に加え不透明な赤字経営が問題となった」としている。そのうえで「多くの自治体で再公営化が相次いでおり、日本のコンセッション導入は周回遅れ」としている。(編集担当:森高龍二)

安倍内閣と自民・公明の横暴な国会運営止まらず

水道事業のコンセッション導入に強い疑問提起

水道法改正案、参院厚労委、自公ら賛成で可決

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.