国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

水道事業のコンセッション導入に強い疑問提起

2018年12月06日

 水道施設を自治体が所有したまま、水道事業の運営権を民間企業に売却する『コンセッション方式』を導入する水道法改正案が参院厚生労働委員会で自民、公明と維新の会などの賛成多数で4日、可決したが、立憲民主党の福山哲郎幹事長は同日の記者会見で、民営化で失敗し、再公営化する事例が世界で180件にも及んでいるとしたうえで「水道、水はライフラインそのものだ。利益至上主義で運営することが政府としてのやるべき仕事なのか、非常に疑問に思わざるを得ない」と問題視した。

 また福山幹事長は「厚生労働省が数年前の調査に基づく事例、3例しか調べていないのは甚だ立法事実に反する法案の策定」とし「非常に遺憾に思う」と語った。

 加えて、記者団が「内閣府の民間資金等活用事業推進室に民間の水道会社からの出向職員が勤務し、水道法改正案作成に関わっているのではないかとの指摘があるが」との問いには「民間事業者が、特に利害関係者がもし法案の策定、意思決定に関わっていたとしたら大問題だ。疑義を持たれるような状況で法案が提出されているとしたらそれも問題だと思う。政府は疑義がないなら疑義がないと、しっかり説明する必要がある」と国会で説明するよう求めた。(編集担当:森高龍二)

水道法改正案、参院厚労委、自公ら賛成で可決

懸念される水道水、法案が4日の参院委で採決へ

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.