国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

憲法へ自衛隊書き込みに強い意欲示す 安倍総裁

2019年02月12日

 安倍晋三総理は10日の自民党大会で、自民党総裁としてあいさつし、自公連立20年を迎えたことを踏まえ「風雪に耐えた20年、盤石の基盤の上に、これからも、しっかりと結果を残していく」と決意を語った。

また、憲法改正について「立党以来の悲願、憲法改正に取り組む時が来た」と述べ、特に「自衛隊を憲法に書き込み、違憲論争に終止符を打とうではないか。私たちが政治の場でその責任を果たしていかなければならない。その決意を誓い合いたい」と並々ならぬ決意を示した。

 安倍総裁は「自衛隊の新規会員募集に、都道府県の6割以上が協力を拒否しているという悲しい実態がある」と述べ「この状況を変えようではないか」と呼びかけた。

 また安倍総裁は地方統一選を意識し、大会に参加した自治体首長、議員選挙立候補予定者らに向け「地方の力、地方議会の力こそ、自民党の力の源泉だ。地域のため、ふるさとのために地方統一選挙、勝ち抜いていこう」と左手にこぶしをあげて呼びかけた。

 また夏の参院選挙について「12年前の亥年の参院選挙で惨敗した」と述べ「総裁だった私の責任だ」としたうえで、その結果「悪夢のような民主党政権が誕生した」とし、「仕事がなかったあの時代、民主党政権時代のような時代に戻すわけにいかない。厳しい戦いになるが、先頭に立って戦い抜く決意だ」と訴えた。

 大会に出席した日本経済団体連合会の中西宏明会長は「本年は選挙の年だ。経済界として、政権の安定、政権の政策遂行に全面的に一緒にやらせていただくつもりでいる」と自民党との一体感を強調した。(編集担当:森高龍二)

日韓防衛当局間の交流「非常に大事」岩屋防衛相

日韓外相会談、意思疎通緊密にする重要性で一致

1年で政権終わった挫折経験肥しになったと総理

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.