国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

常軌逸し、国益損なう発言と自公がけん責決議案

2019年05月22日

 自民党と公明党が北方4島を巡る問題で「戦争しないとどうしようもなくないですか」などとした丸山穂高衆院議員の発言をめぐり、21日、丸山議員への「けん責決議案」を提出。決議案では「憲法の平和主義の認識を欠き、我が国の国益を大きく損ない、衆院の権威と品位を著しく貶(おとし)めた」としている。

 その一方で、丸山議員が所属していた維新もことの重大さから「議員辞職勧告決案」を他の5党派とともに共同提出する中、自公が反省を促すだけのけん責決議案を提出した姿勢には国民から疑問視する声もでている。

 自民、公明のけん責決議案では、丸山議員の発言について「常軌を逸した言動」と指摘したうえで「元島民の方々のお気持ちを傷つけただけでなく、特に『憲法の平和主義をおよそ理解していない』戦争発言は、国民の悲願である北方領土返還に向けた交渉に多大な影響を及ぼし、我が国の国益を大きく損なうものと言わざるを得ない」と平和主義を理解していないうえに、国益を損なう発言だとしている。

 また「我が国憲法の基本的原則である平和主義の認識を欠く議員の存在を国内外に知らしめ、衝撃を与えた事実は否めず、本院の権威と品位を著しく貶(おとし)める結果となったと断じざるを得ない」としている。

 自民、公明はここまでの認識を示しながら「議員の身分に関わることは慎重に取り扱う必要がある」などとして、けん責決議案提出にとどめた。これには「甘いのでは」との声もある。丸山議員を除名処分にした日本維新の会や立憲民主など6党派は丸山議員への「議員辞職勧告決議案」を提出している。(編集担当:森高龍二)

議員辞めない、憲法違反に発言当たらずと丸山氏

丸山氏への議員辞職勧告決議案 6党会派が提出

5野党会派の国対委員長、丸山議員に辞職求める

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.