国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

国会議員務めていた事に驚き 丸山発言に石破氏

2019年05月22日

 北方4島を巡る問題で「戦争しないとどうしようもなくないですか」など北方4島ビザなし交流訪問団に参加した際、訪問団長に憲法の原則に反する発言をした丸山穂高衆院議員(日本維新の会が除名処分)について、元防衛大臣の石破茂自民党元幹事長は「このような人が国家公務員として経産省に奉職し、国会議員を務めていたことにも驚きを禁じ得ません」とブログに書き込んだ。

 石破氏は丸山氏の経歴から「国家公務員は、ただ勉強ができて試験の成績が良い人を採ればよいというものではありません」と問題提起した。

 ブログでは「丸山穂高議員の発言は『急迫不正の武力攻撃』が発生した時にのみ自衛権の行使としての武力を行使することが出来る、という国際法や自衛隊法の基礎的常識を知らなかったという一点において、ただただ驚き呆れるばかり」と呆れたとしている。

 そして「拉致被害者は自衛隊が取り返すために行動すべきだ、竹島は武力で奪還せよ、などという勇ましい発言があることは事実ですが、丸山議員は一般人ではありません。このような人が国家公務員として経産省に奉職し、国会議員を務めていたことにも驚きを禁じ得ません」とつづった。

 丸山議員に対しては発言内容が「国是の『平和主義』に反し、国会全体の権威と品位を著しく汚した事実は拭い難い」として立憲、国民、共産、維新、社民など6党会派が辞職を求めて「議員辞職勧告決案」を国会に提出している。

 一方、自民、公明は発言に対しての辞職勧告は慎重にすべきなどとし、21日、憲法の原則(平和主義)に反する重大問題発言にもかかわらず、反省を求めるだけの「けん責決議案」を国会に提出した。

 丸山議員は20日「(発言について)憲法の理念を逸脱しているとは考えていない。私がやりましょうよという話でもない。(「戦争で島を取り返すことに賛成か、反対か」と)賛否を聞く形での発言で、憲法違反に当たらない」などと述べたほか、「戦争しないとどうしようもなくないですか」などとした発言も含め、日本維新の会の片山虎之助共同代表がロシアのガルージン駐日大使に丸山議員発言に謝罪したことについても「ロシアへの『おわび』は完全に意味不明な対応かと」とツイッターに書き込んだ。

 そのうえで辞職勧告については「発言に対して(議員辞職勧告決議案を)出すのは由々しき事態だ」などとし「私が辞めることで前例を作ってしまいかねないので、絶対に辞めるわけにはいかなくなってしまっている」などと発言内容の重大さを理解していないのか、辞職する考えのないことを強調している。(編集担当:森高龍二)

議員辞めない、憲法違反に発言当たらずと丸山氏

丸山氏への議員辞職勧告決議案 6党会派が提出

問われる国会議員としての資質、維新丸山氏発言

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.