国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

国交省、中山間地域における“道の駅拠点”の自動運転サービス長期実証実験を開始

2019年06月26日

国交省では自動運転サービスの2020年までの社会実...

 国土交通省では、内閣府における戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のプロジェクトの枠組みのなかで、高齢化が進行する中山間地域における人の移動・物流確保のため、「道の駅」などを拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、2017年度より実証実験を実施してきた。

 このうち、茨城県常陸太田市においては、道の駅「ひたちおおた」を拠点として、地域の足の確保や高速バスの貨客混載事業との連携等の検証を目的として、2017年11月19日から25日まで7日間の短期の実証実験を実施した。

 今回、今年4月現在で高齢化率56%と、高齢化課題がとくに顕著な山間部の高倉地区において、地域の公民館機能などを有する高倉地域交流センターを拠点として、高倉郵便局や久保田橋バス停を連絡する実証実験を行なう。実施期間は6月23日から7月21日までの長期間(29日間)で、自動運転に対応した道路空間のあり方や、路線バスと連携した運行管理・予約システムなどの検証を行なう。

 今回の実証実験に用いる車両はヤマハ発動機製の6人乗り電動車で、道路に埋設された電磁誘導線からの磁力を感知して既定されたルートを走行するタイプの自動運転車だ。時速は自動運転時に12km/hほどの自転車並みのスピードで走る。(編集担当:吉田恒)

ルノー・日産連合とウェイモ、ドライバーレス自動運転に関する独占契約を締結

国交省・経産省、「高速道路でのトラック隊列走行」実証実験、新東名高速で開始

事故ゼロの社会を目指して。より安全なADAS・自動運転を実現する最新の半導体技術

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.