国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

学者ら名古屋市長へ抗議と企画展再開へ署名募る

2019年08月14日

 国内最大規模の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」のなかの企画展「表現の不自由展・その後」が中止を求める脅迫FAXなどから開催3日で中止になったことに対し、東大名誉教授の醍醐聡氏ら学者や弁護士らが企画展の再開を求めるとともに「多額の税金を使ったところで(慰安婦を象徴する少女像の展示を)しなくてもいい」など少女像撤去を求める抗議文を提出した河村たかし名古屋市長への抗議への署名活動を続けている。集まった署名は15日に持参し、『表現の自由』実現のため、再開を強く求める予定。記者会見も予定している。

 署名を呼びかける文書では「(各種報道によると)この企画展では慰安婦を象徴する『平和の少女像』、憲法9条をテーマとする俳句、天皇を含む肖像群が燃える映像作品など各地の美術館から撤去されるなどした20数展を展示」していた。

 この展示に対し「河村たかし名古屋市長は『あたかも日本国全体がこれ(少女像)を認めたように見える』などとし、撤去を求める抗議文を提出。愛知県によれば電話・メールなどでの抗議が多数寄せられるとともにテロ予告や脅迫の電話もあったとのこと」。このため「安心して楽しく鑑賞してもらうことが困難と判断し(主催者が)中止を決定した」。

 醍醐教授らは「名古屋市長が展示内容に介入したり、菅義偉官房長官が補助金交付の差し止めを示唆するなど、公権力による様々な介入やテロ・脅迫予告に屈して中止することは『表現の不自由』を雄弁に物語るもので、許されない」と提起している。

 そのうえで「河村市長の圧力は憲法の保障する『表現の自由』を侵害・蹂躙し、事実上の『検閲』ともいえるもので、直ちに撤回と謝罪をすること」。

 「大村知事、河村市長は企画展を直ちに再開すること、テロや脅迫などに屈することなく行政が毅然とした姿勢を示すことによって、憲法の保障する『表現の自由』を守るように努めること」を求めるとしている。(編集担当:森高龍二)

政権意向に沿ったものしか認めないなど毛頭ない

ガソリン缶脅迫FAX、愛知県警、捜査開始

愛知県警は企画展脅迫者の逮捕を 古賀氏ら

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.