国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

森友決裁文書改ざんの中核的職員が「駐英公使」

2019年08月19日

 学校法人森友学園への国有地売却をめぐり、当時、財務省理財局総務課長として安倍昭恵・総理夫人の名前などの記された決裁文書を改ざんする中核的役割を担ったとされる大臣官房付の中村稔氏が16日、外務省に出向、外務省は同日、駐英公使に就任させる人事を発令した。

 元自由党代表の小沢一郎衆院議員(国民民主党)はツイッターで、「(決裁文書改ざんを上司から強要されたとメモを残して)自ら命を絶った犠牲者まで出ている」と自殺した近畿財務局職員=当時54歳=のことをあげ、この改ざんに中核的役割を果たしていたとして停職1か月の処分を受けた職員を「大使」に次ぐ「公使」のポストに就けたことに「一体どう説明するつもりか」と任命権者には国民に対し説明責任がある旨を書き込んだ。

 小沢氏は「これがこの国の恥ずかしい現実」と指摘。「国民が不正に慣れれば、やりたい放題やられる。結局、全部国民に跳ね返ってくる」と、これまでも国民にではなく、官邸への目線で活動しているのではと批判を受けてきた官僚が、森友問題に限らず、その後、ポストで優遇される傾向が続いていることに強い懸念と疑問を提起した。(編集担当:森高龍二)

おぞましい過去噛み締めることが本当の歴史教育

森友・決裁文書改ざんで自殺の職員、公務災害

改憲勢力が参院で3分の2割り込む 立憲躍進

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.