国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

ロシアに最後は食い逃げされるかも 野田元総理

2019年09月11日

 野田佳彦元総理は9日の自身の「かわらばん」で今月5日の日ロ首脳会談を取り上げ「領土問題解決を含む平和条約交渉について何ら進展がなかった」としたうえで「経済協力を次々実現していけば最後はロシアも領土問題で譲歩してくるだろうという安易な交渉に陥っている」とし「領土を人質に日本から金と技術を徹底して引き出し、最後は食い逃げされるかもしれません」と現行の交渉方法に警鐘を鳴らした。

 野田元総理は「対ロ交渉については戦略的に再検討すべきではないか。むしろ、プーチン後の時代をにらんだほうが賢明と思う」とまで踏み込んだ。

野田元総理は「田中角栄政権下で旧ソ連との交渉最前線に立ったことのある元外交官・新井弘一氏(現国策研究会理事長)は対ロ外交には『3つの悪』があると指摘されている。第1は希望的観測、第2は交渉力の欠如、第3は任期中に成果を上げたいという功名心」と紹介し「安倍外交にも3つが当てはまると思う」と指摘した。

 そして「安倍・プーチン会談は27回も積み重ねてきたが、現に領土問題は全く進んでいない」と指摘。交渉力の欠如について「安倍総理も河野外相も『北方領土は日本の固有の領土である』と口にしなくなった。一方、プーチン大統領もラブロフ外相も『第2次大戦の結果、北方領土はロシア領になった』と公言し続けている。交渉に臨む立ち位置が日本は既に後退」と問題視した。

 プーチン大統領は日ロ首脳会談の翌日の6日、ウラジオストクでの市民との交流会で「スターリンがすべてを手に入れた。議論は終わりだ」と発言。領有権を主張する日本の立場を完全否定。2島返還交渉も難しく、領土交渉は後退しているとしか見えない状況だ。(編集担当:森高龍二)

日ロ首脳会談当日にプーチン氏、実効支配を演出

日ロ平和条約交渉「次の次元へ進めたい」総理

首脳会談でメドベージェフ氏択捉島上陸に抗議を

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.