国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

改憲へ党として懸命の対応していく、二階幹事長

2019年09月18日

マスコミの世論調査では安倍総理の下での憲法改正...

 自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で憲法改正について「総理の意向を受けて、党として懸命の対応をしていきたい」と語った。

 安倍晋三総理は11日の第4次安倍内閣再改造での記者会見で、改憲について「さきの参議院選挙で私はしっかり憲法の議論を進めていくのか、議論すらしないのか。それを決めていただく選挙と訴えてきた。その結果、私どもは国民の信を得ることができたと思う。最近の世論調査においても議論はしなければいけないという回答が多数を占めているというふうに承知をしている。議論は行うべきというのが国民の声なんだろうと考えている」と改憲議論に強い思いをアピールした。

 また「憲法改正に向けた議論を力強く推進していく考えであり、それは党四役含め、自民党役員あるいは自民党の議員共通の考え方だと考えている」と党内共通の考えだとも主張した。

 ただ、マスコミの世論調査では安倍総理の下での憲法改正には反対との声の方が賛成との声より多い。共同通信の全国緊急電話世論調査では改憲に「反対」が47.1%、「賛成」が38.8%と反対が8.3ポイント上回った。時事通信の世論調査でも「反対」が41.3%、「賛成」32.1%と反対が9.2ポイント多くなっている。(編集担当:森高龍二)

反動政権終焉へ野党連合政権に強い意欲 志位氏

安倍第4次再改造内閣「右傾化が一層顕在化」

8月の予算委員会開会を求める 福山幹事長

改憲議論促す議長交代発言に批判、呆れる声も

憲法に自衛隊、その時、兵役は苦役か義務か

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.