国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

NHK経営委の対応は放送法違反と枝野氏

2019年10月09日

 立憲民主党の枝野幸男代表は7日の衆院本会議代表質問にNHK問題を取り上げ「かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK『クローズアップ現代+』に関し、経営委員会は郵政グループ幹部からの抗議を受け、ガバナンス強化の名目で上田良一会長を厳重注意した。放送法32条2項は経営委員が個別番組の編集に干渉、規律することをわざわざ明文で禁止している」と指摘。

 そのうえで「番組内容に介入しても『ガバナンス強化』という名目さえ付ければ良いなら、放送法32条2項は空文化する。こんなことが許されないのは当然で、経営委員会の対応は明白な放送法違反だ」と述べた。

 また「厳重注意が行われたとされる昨年10月23日の議事録には、何の記載もない。経営委員会に議事録の作成・公表を義務付けた放送法第41条に反する上、隠蔽の意図が疑われる」と問題提起した。

 そのうえで「国民の受信料の上に成り立つNHKとして、適切な情報公開を怠るのであれば存在意義すら失われる」と適切な対応を求めた。また、今回の事案で郵政グループの鈴木康雄副社長を国会に参考人招致し、説明してもらうよう求めた。

 安倍晋三総理は「ご指摘の件について、現在、担当部局において事実関係を確認中と承知している」とし「総務省において適切に対応するものと考えている」と答弁するにとどめた。

 また安倍総理は「日本郵政グループと放送事業者との個別のやり取りにコメントは差し控える」とした。(編集担当:森高龍二)

関電問題 真相解明へ「厳しく対応」と枝野代表

国会 関電など山積の問題、課題で論戦へ

かんぽ巡る続報中止、連絡経緯を文書で提示約束

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.