国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

A級戦犯合祀の靖国へ閣僚参拝に公明幹部も苦言

2019年10月18日

 日中関係、日韓関係などへの配慮から太平洋戦争のA級戦犯を合祀する靖国神社への閣僚参拝が控えられてきた中、選挙時に日本会議の推薦・支援を受ける衛藤晟一(えとう・せいいち)沖縄・北方担当大臣が17日、靖国神社秋季例大祭に合わせ参拝。安倍晋三総理は参拝を控え、供物を奉納した。

 これに韓国外交部は即座に反応し「日本の侵略戦争の歴史を美化している靖国神社に日本政府と議会の指導者が供物を奉納し、参拝を強行したことに深い遺憾の意を表する」との報道官論評を発表して反発した。

 論評は「日本の責任ある指導者らが過去の歴史に対する謙虚な省察と反省を行動で見せるときこそ、未来志向の韓日関係の発展に寄与し、周辺国と国際社会の信頼を得られる」と訴えている。

 日韓関係は徴用工問題に端を発し、安全保障上のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄にまで両国の信頼関係が悪化している。こうした中での閣僚の参拝は外交的影響への配慮を全く欠いた行為としか見えない。与党の公明党幹部からは「日韓、日中関係を考えると、閣僚としての参拝は慎重であるべきだ」と苦言も出た。

 韓国では徴用工問題を巡り徴用工として強制徴用された被害者への支援などを目指す民間財団「アジア平和未来財団」(仮称)設立計画もあり、16日に設立準備委員会が記者会見し、市民参加を呼び掛けたばかり。聯合ニュースによると、この財団は政府とは無関係の民間レベルのものだが、日本政府にも過去の歴史への謝罪と賠償を促していく姿勢を見せていることを報じている。(編集担当:森高龍二)

重要な隣国だが国と国の約束遵守を求めると総理

未来志向で意思疎通を確認 日韓外相会談

日米韓しっかり連携が大事 河野防衛大臣

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.