国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

覇権主義にモノ言えない外交でいいのか 志位氏

2019年11月08日

 日本共産党の志位和夫委員長は党綱領改定案報告で「中国に対する踏み込んだ批判を行った」とツイッター発信し、踏み込んでの批判理由については(1)核兵器禁止条約への妨害者となっていること(2)東シナ海・南シナ海での覇権主義的行動(3)香港やウイグルでの人権抑圧など」を挙げ「社会主義をめざす国とみなす根拠はもはやなくなった」と表明している。

 志位委員長は「私たちへの誤解を解くためだけではない。中国の大国主義・覇権主義、人権侵害が世界の平和と進歩にとって見過ごすことができない問題となっており、事実と道理に基づいて批判することは大義ある取り組みと考えている」と書き込んでいる。

 そのうえで、政府の中国への対応姿勢については「率直に言って中国の誤りへの批判をためらう傾向が強い」と指摘。「安倍晋三首相も、中国李首相と会談したが、尖閣諸島への領海侵犯も、香港の人権問題も、正面から問題にしようとしない。習近平主席の来日を最優先し、批判をやらない。対米も、対ロも、対中も、大国の覇権主義にモノが言えない外交でいいのか」と問題提起している。(編集担当:森高龍二)

自由で公正な経済圏拡大を牽引すると総理

「日韓関係このまま放置してはいけない」総理

北の弾道ミサイルは「1発が2つに分離」政府

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.