国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

総理、ジャパンライフ元会長と個人的関係ない

2019年12月03日

 磁器ネックレス預託商法などで高齢者らに多額の被害を与え経営破綻したジャパンライフ・山口隆祥会長(当時)を総理が公費で主催する「桜を見る会」に招待したのは誰か。

 ジャパンライフが被害者らを信用させる材料に招待状が使われた問題について、2日の参院本会議で社民党の吉田忠智議員が「総理の招待状がさらなる被害拡大の大きな要因になったとの指摘がある」と追及した。

 安倍晋三総理は「私が過去に招待された多人数の会合などで同席していた可能性までは否定しないが、山口氏と一対一のような形でお会いしたことはなく、個人的関係は一切ない」と関係性を全面否定した。

 また妻の昭恵さんと山口元会長との関係についても「妻は山口氏との面識はありません」と答弁した。

 安倍総理は「一般論として」と前置きしたうえで「桜を見る会が企業や個人の違法・不当な活動に利用されることは決して容認できない」と述べた。

 この日の答弁で安倍総理は「招待者の基準があいまいなどの批判を国民の皆様からいただいているので、これまでの運用を大いに反省し、私の責任で招待基準の明確化、招待プロセスの透明化を検討する。予算や招待人数も含めて全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行っていく」との答弁を繰り返した。

 安倍総理は今後の見直しについて強調したが、安倍総理の下でこれまでに主催した桜を見る会についての疑惑の払しょくについて、客観的資料に基づく回答は「ゼロ回答」の状況が続いている。(編集担当:森高龍二)

「60」の推薦明らかにしなければ審議に応じず

請求直後に内閣府が名簿廃棄、強まる意図的廃棄

桜や2閣僚の辞任など混乱は総辞職に値 福山氏

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.