国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

桜に関して見直しアピールも疑惑について語らず

2019年12月15日

 安倍晋三総理は13日、内外情勢調査会懇談会で講演し「臨時国会では『桜を見る会』について議論が集中した。長年の慣行で行われてきたものだが、招待者の基準があいまい、(選定)プロセスが不透明との指摘をいただいた。来年の開催は中止し、幅広く意見を伺いながら全般的な見直しを行うことにした」と述べた。

 また「昨年と一昨年は『もりかけ問題』(森友学園への国有地売却をめぐる問題・加計学園運営の岡山理科大への獣医学部新設をめぐる問題)、今年春は『統計問題』、秋は『桜を見る会』と、この3年ほどの間、国会は政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれてしまっていることに、国民の皆様に大変申し訳なく思っている」と述べた。

 ただ、桜を見る会に関しては見直しをアピールする一方、総理自身に関する疑惑については何ら語らなかった。また「もりかけ問題」に関しても総理や総理夫人に派生した疑惑で、完全にクリアになっているとはいえない。審議時間がこの問題に多く割かれたのは民主主義の根幹にかかる問題だからであり、改ざん・隠ぺいなど国民の行政への信頼をここまでズタズタにした責任は大きい。

 安倍総理は「7年前、政治の信頼を取り戻さなければならないと、薄氷を踏む思いで緊張感を持って歩み始めた。初心を忘れず、しっかりと身を引き締め、全身全霊で政策課題に取り組んで行きたい」と述べたが、この発言には「仕切り直しを言う前に『桜を見る会』に対する納得できる説明を国民に行うことこそ、政治の信頼を取り戻す1丁目1番地なのではないか」との意見も聞かれた。

 安倍総理は、講演で「災害対応、デフレからの脱却、社会保障改革、外交安全保障、あらゆるテーマにおいて、しっかりと、大きな改革を進めていかなければならない」と課題やテーマを挙げた。予算委員会でそれぞれのテーマについて野党の疑問に一問一答で答えることが次期通常国会では必要なようだ。(編集担当:森高龍二)

経団連会長「桜に何故固執?」と国民感覚と乖離

総理、名簿データ復元努力、内閣府に指示しない

総理疑惑で歴史教科書に載りそうな国会異例事態

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.