国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

辺野古基地建設「着実に工事進める」と安倍総理

2020年01月23日

 国会は22日、安倍晋三総理の施政方針演説を受けた代表質問に入った。立憲民主党の枝野幸男代表は衆院本会議で代表質問に登壇し、辺野古基地建設問題について、普天間基地代替施設として辺野古への基地建設が「もはや唯一の選択肢、との前提が崩れている」と指摘し「立ち止まって考えなおすべき」と総理に考え直すよう求めた。

 枝野代表は「辺野古新基地建設について、防衛省の地盤改良工事に関する技術検討会で、本体工事が9年3か月に延びた上、総工費も約9300億円に膨れ上がることが明らかになった。軟弱地盤の改良が成功したとしても米軍への引き渡しは2030年代以降になるといわれている。この事実関係に間違いないか」と事実確認した。

 そのうえで「県民の反対を無視し、莫大な税金を投入して工事を強行しても、普天間基地の危険を除去することができるのは10年以上も先。もはや唯一の選択肢という前提は崩れている」と見直しを求めた。

 安倍総理は枝野氏の指摘した事実関係を認めたうえで「世界で最も危険といわれる普天間飛行場が固定化され、危険なまま置き去りにされることは絶対に避けなければならない。これは地元の皆様と共通認識。日米同盟の抑止力維持と普天間飛行場の危険性を考え合わせたとき、辺野古移設が唯一の解決策だ」とこれまでの主張を繰り返し「(辺野古で)着実に工事を進めていくことが普天間の危険除去になる」と強調した。(編集担当:森高龍二)

2020年、政権交代「再来」の年になるカギは

重要な隣国だが国と国の約束遵守を求めると総理

日米韓しっかり連携が大事 河野防衛大臣

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.