国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

訓告処分に批判相次ぐ 人事院規則では停職か

2020年05月24日

 新型コロナウイルス感染症拡大防止へ「3密」を避けるよう要請が出ていた中、金銭を賭け産経新聞記者宅でマージャンをしていたことを認めた東京高検の黒川弘務検事長に対する森まさこ法務大臣の監督による「訓告」処分に対する措置に批判が相次いでいる。

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は21日の党内会合で、黒川氏が辞表を提出したことに触れ、「懲戒処分にすべきだ」と批判。加えて「辞任で済む問題ではない」と断じた。

 逢坂氏は「人事院規則では賭博した職員は言及または戒告、常習として賭博をした職員は停職とする、とある」と指摘した。

 週刊文春が報じた5月1日の賭けマージャンに参加していた朝日新聞元記者への朝日新聞聞き取り調査では、同社発表によると「この3年間に月2~3回程度の頻度で、1回あたりの勝ち負けは1人あたり数千円~2万円ほどだった」と証言している。

 つまり「常習化」していたわけで、人事院規則に基づけば、当然「定職処分」になるはず。加えて、1人あたり2万円の勝ち負けとしている。この額が正しいものなのかは疑わしい。週刊文春が21日発売分で報じた元タクシー運転手の発言では「記者は『今日は10万円やられちゃいました』とボヤいていた。黒川さんはまだ同じことを続けていたんですか」とある。実際の額はどうだったのか、疑問が残る。

 ネット上では「自分の罪を軽くしようと低めにいう人はたくさんいる」「刑法に違反して賭博した人に7000万円(黒川氏の退職金のことらしい)。納得する国民はいるのでしょうか、いないでしょ」「検察が法を破っても訓告注意程度で終わるなら法の重みなど国民に伝わるはずないよね」など納得いかないとの声があがっている。(編集担当:森高龍二)

黒川検事長に「訓告」? 22日には辞職認める

黒川氏の賭け麻雀、事実なら厳正に処分 森法相

黒川氏辞意も、賭け麻雀事実なら懲戒免職もの

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.