国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

新型コロナウイルス感染症対策における「外出自粛」による「家族関係の変化」調査を政策提言に活用

株式会社Insight Tech

新型コロナウイルス感染症対策における「外出自utf-8

株式会社Insight Tech(株式会社インサイトテック/代表取締役社長:伊藤友博)と東京都議会 無所属 東京みらい(幹事長:奥澤高広)は、新型コロナウイルス感染症対策における外出自粛の影響を検証するため、「ステイホーム週間における家族関係の変化に関する調査」を実施しました。(調査期間は4/28~5/10)
そのうち、1,749名の都民の回答をもとに、無所属 東京みらいから東京都に対する政策提言を行いました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214924/img_214924_2.png

■ 1.調査結果概要
(1)外出自粛の長期化により、ストレス度は徐々に上昇
第1回(4/28~5/2)から第3回(5/7~5/10)にかけてストレス度が7以上となる比率が増加しており、都民のストレス度は時間の経過とともに高まったことが分かります。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/214924/img_214924_3.png

(2)子供の人数が多い世帯ほど家族関係がネガティブに変化する傾向
全体でみると、約3割の家庭において、「今まで気にならなかったことが気になりはじめている」「今までよりも関係が悪化している」というネガティブな変化が起きています。特に、未成年の子供の人数が多いほどネガティブに変化する割合が大きくなる傾向があり、中でも、末子年齢が3~5歳、6~11歳の家庭において変化が大きいことが分かりました。
この背景には、外出自粛に加え、保育園や学校が休園・休校であることにより、家事や子育ての負担が増していることがあると考えられます。一方で、ポジティブな変化も見られていることから、家族内での役割分担や協力関係によって、その変化の方向性が変わることが示唆されています。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/214924/img_214924_4.png
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/214924/img_214924_5.png

(3)家族関係の変化の具体的な内容
文章解析AI「アイタス」を用いて家族関係のネガティブな変化の内容をみると、ストレスに続いて、夫・子供がキーワードとして出ています。家事、手伝いなどへの意見も挙がっており、家事の負担感がストレスに拍車をかけている状況であることも分かります。また、「子供にあたってしまう」や「子供にイライラしてしまっている」などのフレーズがグルーピングされており、ストレスが子供に向けられているなかで、感染症以外のリスクが家庭にもたらされていることが分かります。
一方で、ポジティブな変化としては、ネガティブ以上に、家・夫・子供への意見が目立っており、これに続いて「過ごす時間」、「会話」などが挙がっており、家で家族にて過ごす時間や会話が増えたことで家族関係が良好に変化している様子がうかがえます。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/214924/img_214924_6.png
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/214924/img_214924_7.png
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/214924/img_214924_8.png

■ 2.実施した政策提言
東京都議会 無所属 東京みらいでは、この調査結果を元に、外出自粛の長期化に伴い強化すべき施策について、東京都に対し緊急要望(「新型コロナウイルス感染症対策」に関する緊急要望(第8弾)5月14日付)を行いました。
要望では、
「外出自粛が長期化するにつれ、家庭内でのストレスレベルが上昇していることに鑑み、メンタルヘルスを保持するために有益な情報を提供すること。」
「外出自粛の長期化により、これまでは行われていなかった家庭内暴力や児童虐待が起きるリスクが高まっていることに鑑み、家庭内暴力や児童虐待かという兆候を分かりやすく示し、相談先や対処方法について繰り返し周知すること。」
「配偶者暴力については、DV加害者が家庭にいる時間が長くなり、電話でのSOSを出すことが困難になっているとの指摘もあり、メールやSNS等を活用した相談受付を早急に実施すること。」
を求めるとともに、「児童虐待の防止に向けたアウトリーチ施策の強化」、「学校や保育施設等における見守りの強化」、「つながり確保のためのオンライン保育の推進」などを様々な機会をとらえて提言しています。
さらに、東京都議会第2回定例会一般質問(6月3日、奥澤高広議員)において、「DV被害に関するSNS相談体制を一刻も早く構築すべき」ととりあげ、
「被害者が一人で悩まず相談できるよう、誰もが相談しやすい環境整備が必要であり、LINE相談の試行実施に向けて取り組んでいる。」
との答弁がありました。

■ 3.今後の予定
「第2波の到来」及び、在宅勤務等が推奨される「新しい日常」をみすえ、今回の調査で得られた知見を元に必要な対応を行うよう提言するなど、引き続き、AI(人工知能)を活用して社会課題を「見える化」し、政策提言へとつなげていく取組を進めていきます。


■株式会社 Insight Tech(代表者 伊藤友博)
2012 年に設立、事業内容はマーケティング調査やレポート作成、自然言語処理・機械学習などの人工知能を利用したデータ解析受託等。
公式ホームページ http://insight-tech.co.jp/

■東京都議会 無所属 東京みらい(幹事長 奥澤高広)
東京都議会議員 奥澤高広(町田市選出)、斉藤れいな(多摩市・稲城市選出)、森澤恭子(品川区選出)の3人の会派。2019年1月に結成。これまでの政治家のあり方にとらわれず、政治と民間の間にある新しい答えをみつける挑戦をしています。
公式ホームページ https://tokyo-mirai.net/



詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症対策における「外出自utf-8新型コロナウイルス感染症対策における「外出自utf-8新型コロナウイルス感染症対策における「外出自utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.