国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

放射性物質含む汚染水処理 意見公募7月末まで

2020年07月14日

 経済産業省は東京電力福島第一原発事故により毎日、現在も170トンのペースで増え続けている放射性物質を含む汚染水の処理に関し、広く一般から書面での意見を7月31日(必着)まで募集している。

 政府の多核種除去設備小委員会は放射性物質を含む汚染水を浄化処理した水を基準値まで希釈し大気中か、海への放出を提起したが、多核種除去設備を使用しても完全に放射性物質を除去することができない。トリチウムは残り続ける。

 放射性物質を含む処理水の扱いについては海洋放出、空気中への水蒸気放出、水素放出、地下埋設、地層注入の方法が検討されてきたが、地下埋設では多くのコンクリート、ベントナイトが必要になり、作業時に作業員の被ばく抑制が必要で、費用も2431億円かかると算定。地下埋設では埋設に約8年、その後、76年間監視する必要があるとしている。

 水素放出では二次廃棄物として残渣が発生する可能性があり、費用は約1000億円。地層注入では適切な土地が見つからない場合、費用が増加するとしているが、地下埋設時と監視期間は変わらないとされている。

 一方、小委員会が出した海洋放出では期間は91か月、費用34億円程度とし、水蒸気放出でも期間10年、費用349億円にとどまる算定になっている。ただ、処理水の成分によっては焼却灰が発生する可能があるという。

 小委員会は海洋放出がコストもかからず、確実に実施できる利点がある、などとしている。一方で「規制基準と比較して、なお十分に希釈した上での放出を行うなどの配慮を行うことが必要」とも指摘。ほぼ海洋放出を推奨する内容だ。しかし、コスト問題以上に、環境への影響、生態系への影響を最小限にするためにどうすることがベストかを最優先に、時間をかけ検討することが求められている。(編集担当:森高龍二)

原発政策に踏み込まず 震災献花式での総理

超スマート社会に向けて動き出した日本。ブロックチェーンで賃貸物件の内覧もスマートに?

汚染処理水の海洋大気放出案に代替案求める声も

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.