国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

国は真相を知りたい私の思いを裏切り続けてきた

2020年07月16日

 国有地の大幅値引きでの森友学園への払い下げ問題をめぐり、公文書の改ざんを、上司命令を断れず行った自責の念から自死した、として、その経緯、真相を白昼のもとに明らかにしてほしい、と自殺した職員の妻、赤木雅子さんが国と当時の理財局長だった佐川宜寿氏を相手に計約1億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、大阪地裁であった。

 雅子さんは意見陳述で「(夫は改ざんを)罪を犯したと受け止め、国民のみなさんに死んでお詫びすることにしたのだと思います。夫が残した手記は『日本国民のみなさんに残した謝罪文』と思います」と語った。

 そのうえで「国は、夫の自死の真相を知りたいという私の思いを裏切り続けてきた。再調査し、正直にすべてを明らかにしてください。再調査の結果は、この訴訟でも役に立つと思います」と法廷の場でも改めて調査のし直しを訴えた。

 裁判官には「夫が自ら命を絶った原因と経緯が明らかになるように訴訟を進めてください。そのうえで、公正な判決を」と願いを述べた。

 一方、国と佐川氏は請求棄却を求めて争う姿勢を示した。菅義偉官房長官は15日の記者会見で「改ざんについては検察の捜査も行われ、結論が出ていると承知している」などとして再調査をしないとする政府の姿勢を浮き彫りにした。(編集担当:森高龍二)

第三者による再調査を、財務省文書改ざん問題

“つながるクルマ”本格普及、トヨタ新型クラウン、新型カローラから

森友・再調査求める署名、数日で17万人超に

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.