国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

新型コロナ禍における2020年上期インターネット広告市場動向 および2020年下期業種別出稿動向予測を発表

株式会社サイバー・コミュニケーションズ

新型コロナ禍における2020年上期インターネットutf-8


株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)は、2020年7月上旬、国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象に新型コロナ禍における「インターネット広告市場」の動向に関する調査を実施しました。
今回の調査では新型コロナウイルスが、インターネット広告市場にどのような変化をもたらしたのか、特に広告予算の変化を探ることを目的として実施しました。また今回の調査結果に加え、当社が開発した運用型ディスプレイ広告市場調査ツール「CCI 360 Programmatic Display Market Analytics」*1で出稿状況を把握するとともに、一部の業種についてはソーシャルリスニング分析を行い、2020年上期のインターネット広告のキャンペーン費用の推移や消費者のSNS上の声などをもとに該当期間におけるインターネット広告の出稿傾向をホワイトペーパーとしてまとめました。
ホワイトペーパーを希望する方は、当社営業担当または、フォームよりお問い合わせください。


お問い合わせ|サイバー・コミュニケーションズ (cci) : https://krs.bz/cci/m?f=683&e_6934=cci360


<2020年上期インターネット広告市場動向のポイント>
1. 2019年上期と比較し、インターネット広告予算は61.5%が減少したと回答。さらに20.4%が大きくキャンペーン費用が減ったと回答しており非常に厳しい状況がうかがえる。
2. インターネット広告の取引手法別にみると予約型については60.5%の回答者がキャンペーン費用を減少したと回答。なお、検索、アフィリエイトは変わらないという回答が多かった。
3. 運用型ディスプレイ広告市場では3月9日週以降12週間にわたりキャンペーン費用が下落したが6月に入り回復傾向にある。
4. キャンペーン費用が減少した業種は、「交通・レジャー」が減少したという回答が43.5%と圧倒的。外出自粛の影響を大きく受けていることがうかがえる。


■詳細
・2020年上期と2019年上期のインターネット広告キャンペーン費用の比較
新型コロナウイルス感染状況が非常に深刻化した2020年上期。2019年上期と比較するとインターネット広告予算は61.5%が減少したと回答。さらに20.4%が大きくキャンペーン費が減ったと回答しており非常に厳しい状況がうかがえる。


画像 : https://newscast.jp/attachments/9Xj92e2oE8OGQcPmNPSv.png
2020年上期インターネット広告費の増減に関するアンケート結果


・新型コロナ禍におけるインターネット広告取引手法別のキャンペーン費増減
検索、アフィリエイト以外の取引手法ではキャンペーン費が減少したとの回答が多かった。特に予約型については、全体の60.5%が減少したと回答。


画像 : https://newscast.jp/attachments/TW22Xj52sRXymUnsjbQ9.png
2020年上期インターネット広告取引手法別増減のアンケート結果


減少したとの回答は予約型(60.5%)、アドネットワーク(41.7%)、運用型広告(39.6%)、ソーシャル広告(33.7%)の順になっており、検索広告とアフィリエイトは、全体の60%以上が変わらないと回答している。


・新型コロナ禍における運用型ディスプレイ広告市場の状況
3月9日週以降12週間下落したが6月に入り回復。底を打ったと言える。しかしCPMは依然として低水準。広告単価の高い大型広告主が戻ってきていないと思われる。


画像 : https://newscast.jp/attachments/pYLXqwfJOM9pgWJQTROZ.png
運用型ディスプレイ広告キャンペーン費・配信量・CPM推移


1.2020年3月9日週以降運用型ディスプレイ広告のキャンペーン費は下落傾向。4月20日週には新型コロナ禍前の2月24日週と比較し約26%下落。
2.同週からCPMも下がっている。4月13日週は新型コロナ禍前の2月24日週と比較し約46%下落。
3.5月18日週以降回復。6月に入り回復の傾向は顕著に。6月22日週には、新型コロナ禍前(2月)の水準に戻る。


・キャンペーン費が減少した業種
「交通・レジャー」が減少したという回答が43.5%と圧倒的。4月、5月の緊急事態宣言以降の外出自粛の影響を大きく受けていることがうかがえる。


画像 : https://newscast.jp/attachments/dPUENOdr5eK4Flze9WYk.png
インターネット広告キャンペーン費が減少している業種


・業種別出稿動向予測


画像 : https://newscast.jp/attachments/WyHkEDgzCYJdCDztX2pW.png


その他の業種については、ホワイトペーパー詳細をご確認ください。
<調査概要>
タイトル: 「インターネット広告市場」の動向に関する調査
調査手法: メール配布によるアンケート調査
調査時期: 2020年7月6~17日
対象者 : 広告主、広告会社、メディア、プラットフォーマー、アドテクノロジーベンダー(DSP、SSP、アドネットワーク、DMP、アドベリソリューションなど)、メディアレップなどインターネット広告市場に関係ある方を対象
回答数: 540
調査実施: 株式会社サイバー・コミュニケーションズ
*1<ツール概要>
ツール名:CCI 360 Programmatic Display Market Analytics
ツール概要:CCI360はCCIのサプライパートナーからのデータを基に集計を行い、日本のディスプレイに限定した運用型広告の市場規模と、運用型広告(ディスプレイ)にキャンペーン予算を多く投下している広告主のキャンペーン費用の規模や推移を調査するツール




詳細はこちら

新型コロナ禍における2020年上期インターネットutf-8新型コロナ禍における2020年上期インターネットutf-8新型コロナ禍における2020年上期インターネットutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.