国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

非核3原則堅持語るも、核兵器禁止条約に触れず

2020年08月07日

 広島への原爆投下から75年となる6日、広島県での原爆死没者慰霊式・平和祈念式に参列した安倍晋三総理は「非核3原則を堅持しつつ、立場の異なる国々の橋渡しに努め、各国の対話や行動を粘り強く促すことにより、核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取組みをリードしていく」と語った。

 安倍総理は「核兵器のない世界の実現に向けた確固たる歩みを支えるのは、世代や国境を越えて核兵器使用の惨禍やその非人道性を語り伝え、継承する取組み」と述べ「被爆者の方々と手を取り合って、被爆の実相への理解を促す努力を重ねていく」と述べた。

 また核兵器不拡散条約(NPT)の実効性へ積極的貢献をする旨示したが、核兵器禁止条約には一切触れず、あいさつを終えた。

 一方、松井一実広島市長は平和宣言の中で「これからの広島は世界中の人々が核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて連帯することを市民社会の総意にしていく責務があると考える」と訴えた。

 そのうえで「50年前に制定された核兵器不拡散条約と、3年前に成立した核兵器禁止条約は、ともに核兵器廃絶に不可欠な条約。次世代に確実に継続すべき枠組みであるにもかかわらず、その動向が不透明となっている。世界の指導者は、今こそ、この枠組みを有効に機能させるための決意を固めるべきではないか」と核兵器不拡散条約と核兵器禁止条約が一体であることを強調。

 松井市長は「日本政府には、核保有国と非核保有国の橋渡し役をしっかりと果たすためにも、核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いを誠実に受け止めて、同条約の締約国になり、唯一の戦争被爆国として、世界中の人々が被爆地ヒロシマの心に共感し、連帯するよう訴えていただきたい」と、いまだに核兵器禁止条約に署名、批准しない日本政府に早期の署名、批准を強く求めた。(編集担当:森高龍二)

「非核3原則を堅持する」政府与党会議で総理

自由で公正な経済圏拡大を牽引すると総理

政府は憲法の平和理念堅持と理念を世界へ

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.