国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

安保法制で抑止力、対処力向上と岸防衛相

2020年09月23日

 在日米大使館が安倍内閣時代に憲法9条解釈の変更による集団的自衛権行使を一部容認することを閣議決定したのを受け、本国に「2014年7月に歴史的決断を下し、日本の平和憲法の解釈を初めて変更。日本の軍隊は特定条件のもとで、同盟国(米国)への攻撃に対処することが認められる」と米国の戦争に役立つことを公電で伝えていたことが明らかになっているが、この解釈に基づく安保法制には憲法違反の部分があり、法改正の必要が指摘されている。

 岸信夫防衛大臣は安保法制成立から19日に5年を迎えるのを踏まえての受け止めを記者団に問われ「日米同盟はかつてないほど強固になり、防衛力あるいは抑止力、対処力も向上しています。このことは地域の平和と安定にも寄与している」と強調。

 そのうえで「法施行後、必要な教育訓練を重ねつつ、米軍等の部隊の武器等の警護、米軍に対する物品役務の提供(駆け付け警護)の任務付与、シナイ半島での多国籍部隊監視隊への司令部要員の派遣等」を行ってきたと述べた。

 具体件数については「2016年11月の南スーダン派遣施設隊第11次要員に対する『駆け付け警護』、宿営地の共同防護といった新たな任務の付与、自衛隊法95条2の規定に基づく米軍等の武器等防護について、米軍に対し2017年に2件、2018年16件、2019年に14件の警護を実施した」と述べた。

 また「日米ACSAの下で自衛隊法第100条6に基づき、米軍に対する物品役務の提供を実施している。昨年4月にシナイ半島でエジプト、イスラエル間の停戦監視等を行う『多国籍部隊監視団』いわゆるMFOに対し、国際平和協力法に基づいて『国際連携平和安全活動』として陸上自衛官2名を司令部要員に派遣している」と紹介した。

 岸大臣は、そのうえで「平和安全法制については記者会見、講演、マスコミ取材等々、様々な機会を利用して、透明性のある丁寧な説明を重ねていくことが必要と承知している。平和安全法制の運用に万全を期すとともに、丁寧な説明に努めて理解が一層深まるよう取組んでいきたい」と語った。(編集担当:森高龍二)

安保法制 米国の認識は「米国の戦争に役立つ」

ミサイル防衛に方向づけの狙いが透ける総理談話

日米安保条約 独立国と言い難い義務負う日本

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.