国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

緊急事態宣言地域拡大へ「対応急げ」声相次ぐ

2021年01月14日

 政府は2月7日までを期限に東京・千葉・埼玉・神奈川の4都県に発効した特措法に基づく「緊急事態宣言」の対象を、知事から対象地域にするよう要請されていた大阪・神戸・京都、さらに愛知・岐阜についても喫緊、対象地域に指定するもよう。

 ネット上では「小出し感が否めない」「全国一律に緊急事態宣言を出し、徐々に解除して」「知事が決断したら午後には発令できるくらいの勢いで対応しなければ、感染爆発に対応できない」「こんな時期に国会を18日まで閉じている意味がわからない。野党に呼びかけて明日(13日)にでも国会を開いて特措法を可決し、スピード感を出した方がいいと思うが」「18日まで待つ思考方法が理解不能」と政府。与党に対し迅速な対応を求める声が相次いでいる。

 また「緊急事態宣言に際しての指定、解除に、明確な基準を設定して実施すべき」と政府が指定や解除を、透明感をもって迅速、公平に行えるよう対応することを求める声も多い。「一刻も早く、オリンピック中止を決め、国民への補償とコロナ対策に集中してほしい」との声もある。(編集担当:森高龍二)
 

子どもたちに「公助・共助」の手厚い支援が必要

菅総理「何としても難局乗り越えたい」

4都県に緊急事態宣言に基づく措置8日から1か月

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.