国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

ワクチン担当大臣に河野規制改革担当大臣が就任

2021年01月20日

 菅義偉総理は18日、新型コロナウイルス感染症対策での「ワクチン」に関する担当大臣に河野太郎規制改革担当大臣を任命した、と語った。菅総理は「河野大臣は規制改革担当大臣として、それぞれの役所にわたる問題について解決してきた」とし、河野大臣の全体の調整役としての手腕に期待を示した。

 菅総理は「ワクチンは感染対策の決め手。できる限り2月下旬までに開始する」と語った。また「必要な方に円滑に接種ができるよう、自治体とも連携し準備をしてきている」と述べ、河野大臣を調整役に据えることで、ワクチン接種体制つくりを加速できるとの考えをうかがわせた。

 ワクチンは全額公費で賄われるので窓口での自己負担はない。政府はワクチン接種の順については(1)新型コロナウイルス感染症患者等に頻繁に接する医療従事者等(2)65歳以上の高齢者(3)基礎疾患を有する方や高齢者施設等において利用者に直接接する職員の順で接種する方針で、この後、一般を対象に行う。妊婦を優先するかどうか、子どもを接種対象にするかどうかは安全性や有効性情報などをみながら検討する、としている。

 厚労省はHPでワクチンについて「数万人にワクチンとワクチンでないもの(生理食塩水又は他の既存ワクチン)のどちらかを2回投与し、発症者や重症者の発生頻度を比較したデータではワクチンを接種したグループはワクチンでないものを接種したグループより約70~95%発症者が少なかったと報告されている」としている。

 一方、副作用に関して「日本への供給を計画している海外のワクチン(ファイザー社、アストラゼネカ社、モデルナ社、ノババックス社のワクチン)では接種部位の痛みや頭痛・倦怠感・筋肉痛などが報告されている」としている。

またワクチンの承認に関しては「有効性だけでなく、どのような副反応が起こりうるかなど安全性についても海外のデータだけでなく、国内のデータも用いて確認し、ワクチンの承認・接種開始後には副反応を疑う事例を収集し専門家が評価。安全性を継続して確認し、安全性に関する情報を提供していく。安全性の確保を最優先に行う」と知らせている。(編集担当:森高龍二)

行政手続の押印1万5千項目の99%以上廃止へ

学術会議10億よりアベノマスク260億検証を

憲法遵守の精神、防衛にこそ徹底教育を

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.