国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

審議官らを減給などの懲戒処分 大臣は給与返納

2021年02月25日

 総務省は24日、国家公務員倫理規定に違反し、菅義偉総理の長男で東北新社に務める菅正剛氏ら利害関係者から供応接待を受けていた谷脇康彦総務審議官(郵政通信担当)と吉田眞人総務審議官(国際担当)を減給10分の2(3か月)の処分にした。また秋本芳徳大臣官房付を減給10分の1(3か月)とした。

 このほか、湯本博信大臣官房付、吉田恭子情報流通行政局衛星・地域放送課長、井幡晃三情報流通行政局放送政策課長、奈良俊哉内閣官房内閣審議官の4人を減給10分の1(1か月)とした。このほか2人を戒告処分とし、2人を懲戒処分にあたらない訓告と訓告相当とした。

 武田良太総務大臣は24日の記者会見で「一部職員は(供応接待の)事実が繰り返されていた。大変驚いており、残念であり、大変深刻に受け止めている」と語った。

 そのうえで「今回の問題は倫理法令違反に対する認識の甘さ、知識の不足が大きな要因と考えており、誤りを犯させない、繰り返させないために、日頃からの意識付けや事前事後のチェックなど再発防止策を速やかに実施に移す。(今回の問題で)行政が歪められるといった疑いを招くことが無かったかについて改めて確認する」と述べた。具体的な方法は「今から煮詰めていきたい」としている。武田大臣は今回の責任を取り、大臣給与3か月分を自主返納する。

 審議官時代に7万円を超える接待を東北新社から受けていた山田真貴子内閣広報官に対する処分は総務省対象にならないため、政府として対応することになる。(編集担当:森高龍二)

「驚愕する思い」はこっちのセリフだ 小池氏

総務省処分「国民が納得するものとは思わない」

総理長男の接待受けた職員12人、内閣広報官も

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.