国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

上場企業経常益前年比2割超、賃金に反映を総理

2021年02月26日

 菅義偉総理は24日の経済財政諮問会議で企業業績の好調を反映させ(賃上げ要請に)応じていただきたい」と語った。

 菅総理は「我が国経済は全体としては持ち直しの動きが続いており、上場企業の経常利益は業種によって厳しい状況にあるものの、前年を約2割上回る結果となった」と指摘。

 「企業の現預金は前年比で約40兆円、家計の現預金は約50兆円増加している」と述べた。

 そのうえで「今後我が国経済を成長軌道に戻していくには再び賃上げの流れを取り戻し、所得が増える見通しを持てるようにすることが不可欠だ」とした。

 菅総理は「賃上げで消費を増やし、企業の収益を増やし、さらに企業が将来のために設備投資を行うという好循環を取り戻し、強化する必要がある。政府はこれまでも賃上げの流れを継続していただくべく要請を行ってきたが、是非とも業績を反映し、それに応えていただきたい」と賃上げ実現を強く求めた。

 このほかグリーン・ニューデールに向けて菅総理は「我が国の経済に大きなインパクトがあり、特に我が国はエネルギー効率を高める余地がある。今後、洋上風力、水素、蓄電池など重点分野の研究開発、設備投資を進めることで、機械的試算では2030年には年額90兆円の経済効果、850万人の雇用創出が見込まれる」と成長性と市場性を強調した。

 また「先端技術分野などで国際社会をリードし、脱炭素社会を実現していきたい」との思いを語った。(編集担当:森高龍二)

「感染収束させたうえで経済再生に」と菅総理

行政デジタル化のカギ「マイナカード普及」

兼業など新たな働き方の就業ルール検討を指示

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.