国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

放送行政への影響 総務相「再検証を」指示

2021年03月03日

 東北新社に勤務する菅義偉総理の長男・正剛氏らから総務省幹部らが頻繁に供応接待を受けていた問題。武田良太総務大臣はじめ審議官時代に接待を受け、体調不良を理由に1日辞職した山田真貴子前内閣広報官らは接待により放送行政がゆがめられたことはないと強調してきたが、1日の衆院予算委員会で日本共産党の塩川鉄也議員は「一連の接待攻勢で東北新社に有利になるよう行政がゆがめられた」と指摘した。

 塩川議員は東北新社が接待攻勢を強めていた時期が衛星放送に関する総務省の「衛星放送の未来像に関するワーキンググループ」職員へのものだったと述べ、2018年5月の第5回報告書案から20年12月の12回報告書案までの期間で28回の接待攻勢のうち26回がワーキンググループ職員への攻勢だったことをあげた。

 塩川議員は、この結果、12回報告書案にBS右旋帯域の4K放送を認めることや衛星利用料の低減を積極的に進めることが盛り込まれた、と指摘した。

 武田大臣は「現段階では、ゆがめられた事実はない」と否定したが、「国民から疑念の目がむけられることとなっており、検証するよう改めて指示を出した」と答えた。(編集担当:森高龍二)

広報官辞職「重要な時期に申し訳ない」と菅総理

山田真貴子内閣広報官が辞職 入院で国会欠席

菅正剛氏は部長職解任され関連会社取締役は辞任

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.