国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

韓中に科学的根拠に基づく説明必要 官房長官

2021年04月16日

 加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、東京電力福島第一原発事故により増え続ける放射性物質汚染水のALPS=多核種除去設備=処理水(トリチウム以外の核種について環境放出の際の規制基準を満たす水)の海洋放出に、韓国が国際海洋法裁判所への提訴を検討。中国は外務省の趙立堅(ちょう・りっけん)副報道局長が「飲めるものなら飲んでみてほしい」と不信感と懸念を示していることに「透明性のある、科学的な根拠に基づく説明をしっかり行っていく必要がある」と語った。

 また国際原子力機関IAEAのグロッシー事務局長も海洋放出に周辺国から懸念が出ているとして、安全性を検証するため、韓国などの専門家を含む国際的な調査団を組織し、今夏までに日本側と合意のうえで派遣したいとしていることについて、加藤官房長官は「梶山弘志経済産業大臣がIAEA に協力を要請し今夏の派遣を要請していた」とむしろ、要請していた立場だとした。

 また調査団の構成についても「IAEAが国籍を問わず知見を有する専門家を持って構成するものと承知している」として、IAEAに委ねる考えを示した。そのうえで「IAEAによる科学的調査は歓迎する」と期待した。

 加藤官房長官は「IAEAの皆さん、専門家の皆さんのご協力は大変ありがたい。第3者の立場からALPS処理水の取り扱い、安全性の確認を頂くことは国際的な理解を醸成し、風評払拭を図っていくために効果的だ」ともプラスになるとした。(編集担当:森高龍二)

福島原発処理水と通常原発排水 核種が全く違う

海洋放出処理水は飲料水基準の7分の1にと総理

汚染処理水の海洋放出が現実的判断などと菅総理

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.