国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

東京都が予定PV「全て中止」 次は入場者数の行方

2021年06月20日

 東京都の小池百合子都知事が19日、東京五輪・パラリンピック大会の期間中に都内で予定していた「パブリックビューイング」(PV)をすべて中止すると、開幕まで1か月あまりになって、やっと決断した。小池知事は、一部はコロナワクチン接種会場に使用するとしている。

 パブリックビューイングを巡っては人流抑制を図らなければならない状況で、人流増を招くことになり『おかしい』『やめてほしい』などの声が相次いだほか、いち早くワクチン接種会場に変更するとした「代々木公園」でのPVに続き、井の頭公園についても地元自治体が中止するよう要望書を出していた。

 都は他にも、日比谷公園、上野公園、調布駅前、都立大キャンパスなどで計画していたが、人流増につながることから残念することとした。

 人流抑制では五輪の大規模競技会場の観客上限数をどこまで抑え込めるかが今後の焦点になる。

五輪組織委の橋本聖子会長は18日の記者会見で「21日の五者協議で決定する」と語ったが、その際「政府が示すイベントの上限に則って決めていきたい考えに変わりはないので、収容人数の50%以下で最大1万人という上限と、そして、五輪においてはより厳しい条件が求められているということを踏まえながら、よく整理をして決めていきたい」と語った。

このため、現実的には1万人から何千人を削減できるのかが、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家の提言を真摯に受け止めたかどうかに現れることとなる。1万人を上限とした場合には橋本会長への批判はもちろん「専門家の意見を伺って」といつも口にする菅義偉総理に対しても、意見軽視のそしりは免れず、批判の声があがるのは必至だ。(編集担当:森高龍二)

五輪、状況次第で無観客も覚悟 組織委橋本会長

総理の五輪開催大丈夫は「プライドか、経済か」

五輪開催がコロナ禍の難局乗り越えを示すと総理

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.