国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

酷暑開催にアスリートファーストって、批判続出

2021年07月28日

 五輪招致のための明らかな『嘘』が選手たちを連日苦しめている。終息しない「コロナ」に加えて「酷暑」「猛暑」。さらに、この時期に発生する「夏台風」の影響だ。当時の安倍晋三総理らは五輪招致の立候補ファイル(2013年1月)で世界に向け「この時期の日本の天候は晴れる日が多く、温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる、理想的な気候」などとアピールしていた。

 1964年のオリンピックは確かに時期が10月10日~24日で、通用する表現かもしれないが、7月23日~8月8日、続くパラリンピックは8月24日~9月5日。酷暑に残暑、「熱中症」に気を付けなければならない盛り。

 総務省統計ではこの12日~18日の間に熱中症で救急搬送された人は4510人(速報値)に上り、前年同期=1045人、確定値=に比べ4倍以上になっている。4人が亡くなった。

 速報値と昨年確報値との比較にはなるが、東京都は昨年同期では51人だった。それが352人と7倍になっている。10人は重症、115人は中等症だ。

 トライアスロンの選手が暑さの中、26日の競技後に倒れ、嘔吐した。ネット上では「東京での夏開催は気温のリスクがあることは以前からいわれていた」「気温のリスクがあることは以前から言われていた。なのでマラソンも札幌にしたのでは。計画がズサン」

 「日本でもスポーツは秋と昔から言われている。アスリートファーストってどこ。言い出しっぺ、今、何してる」「この時期、外での運動は控えてください、と防災通知がくるくらいだもんな」「ちょっと外にいても倒れそう。運動なんて屋外でやったら即、熱中症です」

 「ウソをついてまで招致したかった森(喜朗五輪組織委前会長)、安倍(晋三前総理)、猪瀬(直樹元都知事)は戦犯と思う」とこの時期の開催リスクを分かりながら招致した主要人への批判も出ている。暑さ対策、組織委は責任を持っての対応が必要だ。(編集担当:森高龍二)

コロナ禍からの日本経済復活を目指して。各方面で企業の前向きな動きが活発化

森氏の名誉最高顧問検討 疑われる組織委の見識

不祥事辞任に解任騒ぎの五輪組織委、大丈夫か

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.