国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

五輪中止の選択肢「なし」と菅総理が危険な姿勢

2021年07月29日

 五輪開催中の東京都で27日、新型コロナ感染症の新規感染者が2848人と過去最高になった、2人が死亡した。にもかかわらず、菅義偉総理は「改めて国民の皆さんには不要不急の外出は避けていただいて、オリンピック・パラリンピックはテレビ等で観戦してほしい」と人流抑制へ協力を求めながら、オリンピック中止の選択肢は「ありません」と検討すらしない危険な姿勢をうかがわせた。

 菅総理は「都での新規感染者が過去最高ということで、全国的にも増え続けている」と感染拡大が続いていることは認めた。

そのうえで「都によれば、感染者のうち65歳以上の高齢者割合は2パーセント台。30代以下が約7割を占めている。一方40代、50代の方の中で入院が増えており、デルタ株の割合も急速に増加している。4連休を含めて、人流も含めて分析していくことにした」と語った。

菅総理は「各自治体と連携しながら、強い警戒感をもって感染防止に当たっていく」と警戒感を持つと言いながら、五輪の扱いについては「車の制限とか、テレワーク、人流は減少しているので心配はないと思っている」と五輪に関しては「心配ない」などと現況と矛盾する回答をした。

大阪府でも新規感染者が741人に上り、5月15日以来の700人超え。沖縄県も354人が感染し、過去最多。北海道も138人と4日連続で100人を超えている。このうち、75人が札幌市で、直近1週間の10万人当たりの新規感染は29.15人と深刻な状況になっている。首都圏の神奈川県が758人。埼玉県も593人(過去最高)、千葉県も405人にのぼった。(編集担当:森高龍二)

酷暑開催にアスリートファーストって、批判続出

首都など全国へ 感染拡大止まず どうする五輪

野党は政権交代の可能性示せる総選挙にせよ

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.