国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

五輪中止、かなりハードル高いとの認識 枝野氏

2021年08月01日

 立憲民主党の枝野幸男代表は29日の記者会見で、コロナ禍での東京オリンピック中止や中断に関し「この状況で中止や中断をすれば、かえって想像のつかない大きな混乱を招くことも強く危惧している」と語り、この段階での中止や中断は現実的にかなりハードルが高いとの認識をうかがわせた。

 枝野氏は「オリンピックは我々が危惧した通りの状況になってきており、大変残念だ」と語った。

 その一方で「アスリートの皆さんが困難を乗り越えるべく競技にまい進されている姿には頭が下がる思いだ」とも語った。

 そのうえで「現状、五輪の日程が半分近くまですすみ、世界各国からすでにアスリートなど多くの外国の方が来日し、国内で活動されてしまっている」と述べ「こうした状況とともに、この間、内閣内部ですら統一的で迅速かつ適切な対応ができていない」とし「この状況でオリンピックを中止や中断すれば、かえって想像のつかない大きな混乱を招くことも強く危惧している。私たちは政権を担う政党として『あるべき論』と『現実』を冷静に見極めなければならない」と語った。

 枝野氏は中止や中断はかえって大きな混乱を招くかもしれないと危惧をしていることは強調したが、中止を検討対象から除外する考えは示さなかった。

 コロナ感染拡大状況次第で五輪大会組織委もIOC、政府、都など5者協議で判断していくことになっているが、東京都に加えて隣県の千葉、埼玉、神奈川まで「緊急事態宣言」対象となり、さらに全国での感染拡大が加速して進むようであれば、当然、中止も求める可能性は残していると思われる。(編集担当:森高龍二)

復興五輪発信と風評被害の払しょくを要請 立憲

首都圏4都県 感染者各々過去最多で5675人

縮小するのは“東京”だけでは無い。規模縮小は必然なのか? 世界のモーターショー

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.