国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

高市氏の原発路線は安倍氏そのまま

2021年09月24日

 第6次エネルギー基本計画改定案でも原発が占める電源構成比率が20~22%と高止まりしているが、安倍晋三前総理(前総裁)の意向をそのまま反映し、原発推進に立脚する高市早苗衆院議員は21日までに、第6次エネルギー基本計画改定案を修正し、原発のリプレース(建て替え)を盛り込み、構成比率を高める姿勢をみせている。

 高市議員は「原発再稼働は必要」とし「リプレース(建て替え)も必要ならやらざるを得ない」と原発推進姿勢で、小型原子炉開発も国家プロジェクトにまつり上げ取り組む姿勢だ。

 安倍前総理は2019年7月3日の7与野党「党首共同記者会見」で将来において原発の新増設は行わないのかとの問いに、唯一手をあげなかった人物。経団連や電事連の意向をそのまま反映。高市氏も同じ路線だ。

 直近では安倍前総理は稲田朋美元防衛大臣が会長を務める「原発新増設、リプレースを推進する議員連盟」の最高顧問に就いたが、その稲田氏も自民総裁選では高市氏支持を表明。原発に関しては「脱原発、原発ゼロ」を求める声と経団連など原発再稼働・リプレース、新増設まで求める「原発肯定派」で世論も2分しているが、安倍・高市路線は「原発復帰」に走ることになる。(編集担当:森高龍二)

第6次エネルギー基本計画でも原発依存度変えず

最後の1日まで働く内閣として全力と菅総理

安倍氏顧問の議連が総裁候補に原発推進へ要請

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.