国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

望ましい結果は与野党勢力伯仲が45%で最多

2021年10月21日

 第49回衆議院議員選挙が19日公示され、熱戦の火ぶたが切られ、定数465(小選挙区289、11ブロック比例代表176)に1051人(小選挙区857人、比例代表単独194人)が立候補した。31日の投開票で新しい勢力図ができる。

 政党別では自民が336人(内、小選挙区277人)、立憲240人(214人)、公明53人(9人)、共産130人(105人)、維新96人(94人)、国民27人(21人)、れいわ21人(12人)、社民15人(9人)、N党30人(27人)、政治団体(支持政党なし)が2人、新党やまと5人(1人)など。

 今月16、17の両日に共同通信社が全国電話世論調査を実施した結果によると「望ましい選挙結果」について「与党・野党勢力伯仲」が45.2%と最も多かった。過去9年の自公の絶対多数による強引な国会運営などの弊害を感じての回答とみられる。

 こうした中、自公VS立憲・共産などの連携による『与党・野党一騎打ち』の構図が、今回は多くの小選挙区でつくられた。野党が目指す『政権交代』が実現するのか、議席減が言われる自民がどの程度の減にとどまるのか。

 衆院の各政党勢力図がどう塗り替わるのか、11月以降の政治に大きく反映することになるだけに、国民の関心は高くなっている。
 
 比例代表で、どの政党に投票するかでは自民が29.6%、立憲民主が9.7%、共産4.8%、公明4.7%、維新3.9%、国民0.7%、れいわと社民がともに0.5%、N党0.1%、投票したい政党がない4.8%。そして「まだ、投票する政党を決めていない」が39.4%と4割近くに上っていた。12日間の選挙戦でどこまで、この層に支持を得られるのか、各党の戦いが熾烈になりそう。(編集担当:森高龍二)

選択的夫婦別姓、岸田氏は来年度法案に賛成せず

2倍にするものでない所得倍増計画? 山際大臣

岸田総理 選挙勝敗ライン「与党で過半数」

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.